忍者ブログ

韓国ドラマ好きのママライフ

韓国ドラマ好きママの楽しい毎日!本日のおすすめ韓国ドラマ


[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Descendants of the Sun〜太陽の末裔(태양의 후예) 3話つづき

3話のつづき(前半分はこちら

翌朝

チェ・ミンジ:毎朝こうなのかな

カン・モヨン:夕方もこうだったら、ここで暮らそうかしら

ハ・ジャエ:決めるなら早く言ってね



ユシジン うるさくてよく眠れかったようですね。

カンモヨン:悪いけど、ちょっと横によけてくれない?

ユシジン:今日の予定はどうなっていますか?

カンモヨン:午前中?午後?

そしてユシジンがランニングを止めちゃいます

ユシジン:午前も午後も全部。どうなっていますか?



そして軍人の健康診断



みんなカンモヨンについていきます

血を抜くのとっても痛くするんだけど。。。といっても

痛いのでも大丈夫ですって

みんな、カンモヨンに診てもらいたくて、集まるけど

そこへ

ユシジン登場

ユシジン 何事なんだ
といって、他の先生に診てもらおうとするユシジン

カンモヨン:ちょっと、隊長からきてと、そのままいかないで と

昨日の復讐をするモヨン



まだ刺してないわよとモヨン

ユシジン:昨日の冗談でまだ怒ってるなら

カンモヨン:私、そんなことでこんなことする人じゃないわよ

と、

ここですよ。とカンモヨンの手を触るユシジン

そこへ

工場の人がきて。。。

で、外で大きな音が。。。

そこへ向かうユシジンとソデヨン

いかにも怪しいトラックですけどね。

絶対、何かありそう。。。

怪しい人たちを引き渡すユシジンたち。。。

戻って来たユシジンに声をかけるカンモヨン

ユシジン:本部に行ってきます

カンモヨン:Wi-Fiの暗証番号を教えてもますか?

ソデヨン:軍のWi-Fiの暗証番号ですか?すみませんが、軍のWi-Fiは保安上使えないので

カンモヨン:あーそうですか。。どうしよう、、、

ソデヨン:市内にカフェがあります。隊長がその場所を通り過ぎるはずです

送ってもらうことが出来るはずです。

そうですよね???

とユシジンに問いかけるソデヨン

ユシジン:何か悪い物でも食べたんですか?

ソデヨン:私の心配はしなくていいので、気をつけていってきてください。敬礼

というわけで

二人で車で出掛けることになった

カンモヨンとユシジン

理事長との関係を問うユシジン

嫉妬してるのかしら、、、ユシジン

カフェよりもダニエルの店に行くユシジン

そこで、カフェで銃を買ってた女性、リ・イェファに会う

そこで

カンモヨンを置いて行くユシジン

けんかしないで、彼女は銃をもってるからと

モヨンの耳でつぶやくユシジン

ユシジンは本部へ報告を


裏でつながっているウルクの警察のギャング!?

避けられるもの避けろと言われるユシジン

そのころ

ソデヨンのもとにも同じ事例が

ソデヨンはユミョンジュのお父さんから

ミョンジュのことを遠回しに諦めるように

通告されたことを思い出します。

ミョンジュお父さん:ソデヨン中将 俺の娘と恋愛してるんだって

ソデヨン:はい。そうです。

そこでユンミョンジュのお父さんは、娘の将来を気にして

娘の将来のために配慮してくれって。その方法は君が良く知ってるって

わぁー脅しですね。。。

命令ですか?と聞くソデヨンに

君次第だと、、、答えるミョンジュパパ


ミョンジュの手紙を見て、何か思うソデヨン

そのころ

ユシジンとカンモヨンは

行きにみた海辺へ行きます。

その車中、ミョンジュとソデヨンの出会いを聞くカンモヨン

仕事が忙しくなる前に行った方がいいというユシジン

長く一緒にいたいといっても付いてこないカンモヨンに

ソデヨンとユンミョンジュの続きの話をして、

続きが気になればついて来て。。。。と

そして

ユンミョンジュとソデヨンの関係。。。



今日のコンセプトはなんですか?

全部知ってるんじゃありませんか?とユンミョンジュ

処女鬼神ですか???と問うソデヨン

天使ですよ〜〜とユンミョンジュ(可愛いですよね)

行きましょっと

はははっ

で、カンモヨンは

ということは、ミョンジュのお父さんが婿として

認めてるのはユ大尉ということですか?とカンモヨン

そうです。ここでちょっと待っててください。とユシジン

とボートに乗るユシジン

ユシジン:行きましょう

カンモヨン:ちょっと待って、ということは、ユ大尉 ミョンジュ、ソデヨンは

三角関係ってことですか?

ユシジン:そうです。行きましょうっと

カンモヨン:今でも有効なの?

ユシジン:はい

カンモヨン:それで、ユ大尉の立場はどうなの?

ユシジン:どうして僕の立場が気になるんですか?僕に興味がないのに

カンモヨン:ただ聞いただけよ、ただ、聞いただけ ユ大尉の立場は気にならないわ

ユシジン:今の表情は気になってるみたいだけど


ボートで出発






ユシジンの手をかりずに降りるカンモヨン

どうしてこんなところがあるの。とっても綺麗ね

じゃぁ、またこればいいよ

ここの石を持って帰れば、またここへ戻ってくるって信じてるんだよ

今、作った話でしょ。そうであれば石が全部なくなってるはずだわ

再び、戻って来た人たちは石をまた置いて行くんだというユシジン

入っていいでしょ?と中に入るカンモヨン





カンモヨン:惹かれてみたことがあるの?

ユシジン:あるよ。知ってると思うけど。
そういえば、まだ返事を聞いてなかったよね。元気だった?未だにセクシーですか?手術室で。

カンモヨン:誤解してるみたいだけど、私はここに奉仕だ使命感だと、良い意思できたんじゃないのよ。私より高いところにいる人が、しばらく私を引き下げたの。その場所がここでしょ。そして私はもう手術しなわ。手術の実力は経歴にならなかったの。すぐに帰るし、帰ったら、またいた場所へ戻らないと。とっても忙しいの。

ユシジン:そう。。。

そのころ医療チームでビビンバを

チフンは外で彼女と電話を

そして、少年が、チフンの前に。。。

食べ物を頂戴と物乞いするんだけど

その場で嘔吐しちゃいます。。。

慌てて様子をみて救護室につれていくチフン

そこへ帰ってくるカンモヨン

あまり様子が良くないことを察するカンモヨン

そして日中の子供たちの様子を思い出すカンモヨン

また素直になれない二人は

モヨンに向かって、そうですよね。テレビに出る医者もいますものね、と

言ってしまいます。。。

そこへ緊急アラーと

VIP患者がんメディキューブにくる連絡が

ただ、患者の記録がほとんど黒塗り、、、、

軍をあげての騒動になっています。。。

そしてその医療記録を確認するカンモヨン

患者が到着し、幹部から渡されたニトログリセリンと投与すると

血圧が低下。

開腹しないとわからないというカンモヨン

手術室の準備をというモヨンに、幹部がメスを入れることは許されないと

主治医がもうすぐ到着するからそれまで待てと言われるが

猶予は20分しかない。

待っていたら彼は死ぬと告げるカンモヨン

そこへ銃を向けられるカンモヨン

そこへユシジンのもとに上官から指令が

良く聞け、誰が責任を追うのかがポイントで、向こうの言うとおりにして、

患者が死ねば手術をしない医師個人の過失を問えば良くて、軍は関与しない

命令だ!と

ユシジン:この患者は助けることができますか?

カンモヨン:はっきりしたことは、開けてみないと。。。

ユシジン:難しい話はいいから、助けられるかどうかを答えてください。医者として。

答えて

カンモヨン:助けることが出来るわ

上官:無線で)何をしてるんだ!!!!

無線を切るユシジン



ユシジン:じゃぁ助けて

と銃を向けます

手術室へ向かうカンモヨンたち

つづく





拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
marymama
HP:
性別:
女性
趣味:
韓国ドラマ観賞
自己紹介:
韓国ドラマ大好きです。
いろいろ見ているうち日常会話程度の韓国語を修得。
ですが、読むことも書くこともできません^^
わからない言葉は、同じ発音を翻訳機にかけて意味を拾ってます
が、同じ発音が出来ることはほぼ皆無ですけどね(笑)
あらすじ書く上で、発音とニュアンスから意味を拾うので
言語と相違ある部分がありますので、その辺は許して下さいね。
拍手ボタンやコメント頂けると、本人嬉しくなります^^
よろしくお願いします。

スポンサーリンク



フリーエリア

お知らせ

最近韓国ドラマ見るばかりであらすじ書いてませんでしたね。書きたいものはあるんですが、中途半端なのもどうにかしたいのよねぇ~

ブログランキング

ブログランキング参加中。 ポチット押してくださると励みになります。

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

P R

忍者カウンター

Copyright ©  -- 韓国ドラマ好きのママライフ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]