忍者ブログ

韓国ドラマ好きのママライフ

韓国ドラマ好きママの楽しい毎日!本日のおすすめ韓国ドラマ


[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Doctorsドクターズ 13話 あらすじ前半30分

Doctorsドクターズ 13話 あらすじ ネタバレ注意

台詞をメインにあらすじ書いています。

難しい言葉や今まで聞いり覚えてない言葉などはわかりませんので
訳が怪しくなってるかも。。。大目に見て頂けると嬉しいです。

あらすじ

辛い幼少時代を過ごしたジホン先生とヘジョン

恋愛は男性と女性の二人が一緒にする共同歴史だ。

お互いの過去の傷が、今、どのくらい理解され受け入れるかどうかが

一緒する恋愛のキーワードだ。
病院で

ヘジョンがステーションに

看護婦:先生、手術終わったんですか?

ヘジョン:うん。イエジョン患者経過はどう?

ヨングク:drowsyです。

そこへガンスから緊急患者の連絡電話ではいります。

エレーベータで移動するヘジョンはジホン先生に電話

ヘジョン:何してるんですか?

ジホン先生:俺が行こうか。

ヘジョン:何してるか聞いたんですよ。

エレーベーターにのるから切れちゃいますよ



切れたジホン先生の電話には留守電が



その留守電は過去のみたい。

ところでどうして2番目の質問をしないんですか?
つきあうってことよ。私の返事はYESです。YES.
あれ、あれ、これ録音になったみたい、どうしよう
消さないといけないのに。

嬉しそうなジホン先生

手術中のヘジョン。。。。アシスタントには、カン・ギョンジュン

だけど、ぼぉ〜としてるギョンジュン

ヘジョンのイリゲーションという言葉に反応しないギョンジュン

ヘジョン:何時に寝たの?

ギョンジュン:すみません

ヘジョン:かえりなさい。怒る(?)前に行きなさい

ギョンジュン:大丈夫です。

ヘジョン:いち、に、

ギョンジュン:ありがとうございます。。。

と戻るギョンジュン


研究医の部屋では、出前を頼んで。。て

(あーーーコンシミドラマで出てたアンダンテ弁護士だよぉ〜
ここでも出演していたのね。。。なんか、アンダンテそのままのキャラっぽいね)



出前屋さん:あのちょっと聞きたいことがあるんですけど

7歳の男の子が歩く時に、足をびっこを引きながら歩くのは問題があるんですよね?

ギョンジュン:誰ですか?7歳の男の子?

出前屋さん:僕の息子です。

ガンス:息子がいたんですか?未婚に見えるのに

出前屋さん:二人いるんです。一人は9歳で一人は7歳です。

ヨングク:いったいどんな風に歩くんですか?

出前屋さん:歩く時に、ちょっとひきずるような、近所の病院にいったら

脳に問題があるかもしれないから、大きい病院にいくようにと

ガンス:僕が言っておくので、一度来てください。ホン・ジホン教授がいるので

出前屋さん:ありがとうございます。先生たち、ありがとうございます。

ガンス:来る時に、電話してください。

出前屋さん:はい。


手術が終わって出てきたヘジョンのところにジホン先生が

看護婦さん;あっ先生。どうしたんですか?休みじゃ?

ジホン先生:おお、通りすがりにちょっと寄ってみたんだ。

看護婦さん:先生、本当に凄いです。どうして、そんなに患者だけしか知らないんですか。

でしょ?私、行ってきますね。

ジホン先生:おぉ。。。

ヘジョン:どうしたんですか?

ジホン先生:お前が呼んだんじゃないか。

ヘジョン:私が?

ジホン先生:さっきの呼んだんじゃないのか?



ヘジョン:あまり見ないで。。

ジホン先生:休むのか。。?

ヘジョン:うん。

休もうとするヘジョンの手をひいて連れて行くジホン先生。

看護婦さんが通ったらすぐ手を離すところ、かわいい



つかの間の二人の時間、

屋外で。。。花を見て

おぉ、ヘジョンと冗談で声をかける先生

ヘジョン:先生。。。。人がみたらいけないでしょ。

ジホン先生:人がみないところに行ってるのに

うちの病院で散歩するのにここが一番安全なんだ。

ヘジョン:一番安全な場所に、なんで散歩に来たのかな?



ジホン先生:や、俺は散歩するのが好きなんだ。

あっ、映画で見たんだけど、やってみたかったんだ。

とポケットから取り出したものは。。。






二人で音楽を聞きながら素敵な時間を。。。

手をつないで〜相手を想う、愛おしい気持ちが伝わりますね〜

ガンスからヘジョンに電話が、、、

ヘジョン:CT撮って、すぐいくわ

今日のロマンティックはここまで

ジホン先生:まだ残ってる。。緊急室に行くまで〜

(きゃぁ、嬉しいですね。)



違う日

出前屋さんが子供を連れて病院を訪れます。


(どうみても、アンダンテにしか見えない私(笑))

ジホン先生:どこが悪くていらっしゃったんですか?

タルパパ:(出前屋さん)前はそうじゃなかったんですが、歩く時に足をひきずって歩くので

ジホン先生:ナムタル、先生の前で一度歩いてみるか?

看護婦さんから、先生の前までゆっくり歩けばいいよ。

上手だ。お父さんまでゆっくり歩いてみて。



ジホン先生:脳に問題があるようです。はっきりしたことはMRIを撮らないと

なにか不便なことはありますか?

そしてお兄ちゃんがトイレに行きたいと立ち上がり

ちょっと待ってとのパパの言葉も待てず、一人でトイレへ

お兄ちゃんは行く途中ソウとぶつかり

トイレに行く間に転ぶ姿を見ておかしいと思うソウ。

携帯を落としたままなのでトイレの前で待つソウ

タルお兄ちゃん:ありがとう

ソウ:笑うとかわいいね。両親はどこにいるの?

タルお兄ちゃん:わからない。おしっこがしたくて、走って出てきたんだ

ソウ:さっきのところに行けば、いるわね、きっと。行こう。

タルお兄ちゃん:ところで、お姉さんもお医者さんなの?

ソウ:うん

タルお兄ちゃん:綺麗だ。

ソウ:ありがとう。最近、私にとってとっても必要な言葉なの。

あなた、いっつもそうやって笑ってるの?

タルお兄ちゃん:うん。だから悲しいんです。

ソウ:笑ってるのに、なんで悲しいの?

タル:僕の名前はナムへで弟はタルなんだけど、タルが痛いって言っても

笑うんだ。申し訳ないんだよ。悲しいのに笑っちゃうから。


そこへタルとタルパパへ行く時も転んじゃうヘ。



そこへユンド先生が登場

ソウがユンド先生を手招きして。。。

ユンド先生:なんだ。

ソウ:あの子ちょっとおかしいわ

ソウ:おとうさん、ヘが、前からこうやってよく笑うんですか?

パパ:あっはい。ハッピーバイルスです。いつも笑うから。

ときどき。。。。。(?)

ソウ:何歳ですか?

パパ:9歳です。どうしてですか?

ソウ:笑うのが。。。。。。(?)

パパ:笑うのが病気なんですか?

ソウ:先輩、   よく転ぶみたいです。笑うの見たでしょ。

ユンド先生:Gelostic Siezure(笑い発作)かもな

ソウ:そうでしょ。

ユンド先生:検査してみないとな



そしてニュースでは病院の悪いニュースが。。。。


ガンスの携帯にはSBSからガンスがブログにのせた

ユヘジョン先生のことで番組のプログラムと一致するから

出演してもらいたいと電話が入るけど、多分、番組に出る人じゃ

ないからと断るガンス

そのころ

ヘジョンは、ジホン先生と待ち合わせ


ガンスにつかまるヘジョン

ガンス:先生、どこいくんですか?

ヘジョン:ご飯食べに。

ガンス:一緒に行きますか?食堂へ

ヘジョン:あんたたち、今、ご飯食べる時間あるの?

食堂で?

アン・ジュンテ:いいえ。出前を頼んで食べるつもりです。

ごはん一緒に食べるの本当、大変だわ。とメール

下へ行こうと指で合図するジホン先生。

投げキッス〜〜〜〜
食堂で

パラン先生とインジュ先生がご飯を食べてて

パラン先生:ジホン、ここ

と、待ち合わせしてるのにねぇ〜ヘジョンとククッ

インジュ:こっちおいで

ジホン先生:まったく

お前ら、早くご飯たべに行ったんじゃなかったのか?

パラン先生:なんだよ、一緒に食べるの嫌なのか。

そこヘジョン。なんでぇ〜みたいな顔しながら

ジホン先生が、ユ先生とわざと席に呼びます。

インジュ先生:おいで。。。



パラン先生:ユ先生、久しぶりだね。

ところで、たぶん、二人、一緒にご飯を食べるために来たみたいだけど

インジュ先生:私たちが気が利かなかった?

ジホン先生:おぉ〜正式に紹介するよ。

俺の彼女のユ・ヘジョンさん。

ヘジョン:こんにちは。今、紹介されたホン・ジホン先生の彼女の

ユ・ヘジョンです。

パラン先生:なんだこれ、

インジュ先生:ホン・ジホンにこんな一面あったの?

ジホン先生:あったんだ、驚くな



病院ではニュースのせいで、

なんだか騒がしい感じ・・・
モニター室では

ユンド先生とソウがクのCT写真をみてますね。

ユンド先生:Gelostic Siezure笑う発作だな。

チン・ソウ、でかした。何見てるんだ。

ソウ:今日は  2回見たわね。

1回はあの子供と、1回は先輩

ユンド先生:どうしてこうなったんだ。

ソウ:どうだっていうの今?

ユンド先生:かわいそうな感じがするよ

ソウ:かわいそうなのと愛してるのは関係がないでしょ。

ユンド先生:関係ないよ。

ソウ:そう。わかったわ。

ユンド先生:お前、俺にまだ気持ちがあるのか?

ソウ:ヘジョンにはまだ気持ちがあるの?

ユンド先生:やっぱりお前はポイントを知ってるな(?)

この患者の両親に会わないと

ソウ:それで、この患者の弟、ホン教授の患者よ

ユンド先生:その子病名はなんだ?

ソウ:わからないわ

あっちもMRI撮ったから出てるはずだけど

ユンド先生:コールしてみて

ユンド先生を見るソウ

なんだ?

ソウ;憎いわ。すっごく憎いのに、好き

すっごく好き。

ユンド先生:なんで好きなんだ?

なんで、すごく好きなんだ?

俺の条件に惹かれたんじゃないか。

ソウ:最初はそうだった。私より条件がよくて

私を好きな人の大部分(?)が、条件が大事な人が多かったから

先輩も。。。安心してもいいんじゃない。

ユンド先生:よく聞いてみろ。自分の心に

愛なのか?それとも安心のためのものなのか?

ソウ:何が違うの?

ユンド先生:・・・・・・・・愛なら最後まで行くことが出来る。

ソウ:とっても、・・・・・(?)

ユンド先生:むもえ(?)愛って言うのは。


ソウからナムへとナムタルについてお互いにわかってないと

いけないからと電話が入って

モニター室へ行くヘジョンとジホン先生。


途中ガンスがきて

ジホン先生:お前なんだ。

ガンス:ユ先生に話があります。



ジホン先生:よかったですね。

ヘジョン:先生そんなことありませんよ。

ジホン先生:先にいってるよ。

ガンスはヘジョンにブログに載せたのを見せて

SBCからのプログレムを話しますが。。。

反対のヘジョン

そして、
モニター室

ヘジョン:すみません。少し遅れました

ジホン先生:座って、座って見てみろ

何だと思う?

ヘジョン:

ジホン先生:そうでしょ。



ユンド先生:何してるんですか?

ジホン先生:何してるって診断だけど

ユンド先生:雰囲気がとっても違いますけど

お前の考えはどうだ?

ソウ:ちがっているような気がする。何かわからないけど

ジホン先生:何がわからないのはいいけど、ユンド先生はどうですか?

ユンド先生:へは、   治療をします。

リスクがとても大きいです。

ジホン先生:それじゃ、患者の保護者に話をしてどうするか伝えて

保護者にはお前が説明して。どうせお前が手術に入るから。



ヘジョン:はい。

ヘジョンはタルパパに説明します。

ユンド先生もタルパパに説明を。



パパは手術代をなんとかしようと電話をみんなにかけて。。。


後半につづく

【フジテレビオンデマンド】

拍手[5回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
marymama
HP:
性別:
女性
趣味:
韓国ドラマ観賞
自己紹介:
韓国ドラマ大好きです。
いろいろ見ているうち日常会話程度の韓国語を修得。
ですが、読むことも書くこともできません^^
わからない言葉は、同じ発音を翻訳機にかけて意味を拾ってます
が、同じ発音が出来ることはほぼ皆無ですけどね(笑)
あらすじ書く上で、発音とニュアンスから意味を拾うので
言語と相違ある部分がありますので、その辺は許して下さいね。
拍手ボタンやコメント頂けると、本人嬉しくなります^^
よろしくお願いします。

スポンサーリンク



フリーエリア

お知らせ

最近韓国ドラマ見るばかりであらすじ書いてませんでしたね。書きたいものはあるんですが、中途半端なのもどうにかしたいのよねぇ~

ブログランキング

ブログランキング参加中。 ポチット押してくださると励みになります。

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

P R

忍者カウンター

Copyright ©  -- 韓国ドラマ好きのママライフ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]