忍者ブログ

韓国ドラマ好きのママライフ

韓国ドラマ好きママの楽しい毎日!本日のおすすめ韓国ドラマ


[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Doctorsドクターズ 13話 あらすじ後半30分

院長室
ソウパパが病院のイメージが落ちているのに

どうするつもりだとキム・テホ先生に話をしています。

そして、担当者が来て

SBCのフォーカスな人々という番組でヘジョンをことを

取り扱いたいとの依頼があることを話します。

その依頼を病院のイメージ挽回だと思うソウパパは

ヘジョンが断っているけど、なんとかして説得するよう

キム・テホ先生にも話をして。。。
病院の外
ソウとヨングク

ヨングク:それじゃ、へキョング先生に変わったのか?(?)

ソウ:違うわ。キョング先生が来るみたい。習わないと

ヨングク:ホン教授とユ先生、付き合ってるみたいだぞ

ソウ:付き合おうが、そうじゃなかろうが



ヨングク:これ以上、恋愛について、ユ先生に言うなよ。

ソウ:しないわよ。私は失うだけなんだし

私のお父さんも、仲良くしろって言うのよ

ヘジョンの身体から砂金が出てるんだわ。

ヨングク:仲良くしたらいいだろう。会食の時の彼女の歌をみたよ

ユーモア(?)もあって。

会食の時にやったこと、お前が見ないとな。

ソウ:見せて。

ヨングク:見るか?

頭がぶつかるヨングクとソウ。ドキってしちゃってるヨングク

ソウ:彼女どうしてこうなんだろう。

ヨングク:お前の方が綺麗だよ。

ソウ:いいわね。

ソウパパから電話が。。。。

ソウ:はい。お父さん

ソウパパ:お前の科にユ・ヘジョンいただろう

ソウ:はい

ソウパパ:その子連れてこい。一緒にお茶でもしよう

どんな子がお父さんが見たいからだ。

ソウ:なんで?

ソウパパ:会えば全部わかるよ

ヨングク:何だって?

病院内では
ジホン先生:李さんの経頭蓋超音波検査、毎日やってるだろ?

ガン・ギョンジュン:はい、変わったことはありません。

ジホン先生:明日の朝もう一度チェックして、もし血管攣縮の兆候があったらすぐ連絡して

ガン・ギョンジュン:はい。あっ、お父さんこんにちは。

そこへヘジョンのパパが来ます


ヘジョンパパ:これを食べてください。

これは、チョ・ユンド先生に。


ガン・ギョンジュン:担当医者だから、別に持ってきたんですね。

ヘジョンパパ:うちのお店に時々来て、食べて行かれるので。

ガン・ギョンジュンがジホン先生に紹介します。

ガン・ギョンジュン:ユ先生のお父さんです。

ジホン先生:こんにちはお父さん。

ガン・ギョンジュン:ユ先生より上の人(上司です)

ヘジョンパパ:そうなんですね。よろしくお願いします。うちのヘジョンを

ジホン先生:はい。もしかして覚えていませんか?

ヘジョンパパ:えっと、ちょっと、、、覚えてない、、かな

ジホン先生:もし良かったら、一緒にお茶をしませんか?
ジホン先生の教授室
ヘジョンパパ:やっと思い出しました。

母(ヘジョンの祖母)が亡くなった時にいらっしゃった方でしょ。

ジホン先生:そうです。ヘジョンの担任もしました。

ヘジョンパパ:すみません。父親なのに学校にも顔を出さずに、挨拶もできずに

お茶をどうぞ。。。とジホン先生

ヘジョンパパ:ところで、お医者さんにはどうやってなったんですか?

ジホン先生:前から医者でした。そのとき、少しだけ教師をしていたんです。

ヘジョンパパ:あ〜そうだったんですね。

ジホン先生:私に名刺を一枚ください。

ハルメクッパ(お店の名前)、時々思い出していたんです。

ヘジョンパパ:一緒ではないんですが。。。母の味をよく知らないんです。

母の作り方(?)だけ知ってます。

ジホン先生:ヘジョンに連絡をしていらっしゃったんですか?

ヘジョンパパ:いいえ。私のこと嫌いなんです。

連絡したら避けるかもしれないと思って、ただ来ました。

ジホン先生:避けないですよ。(さけるなんて)

お父さんの電話を切っちゃうヘジョン

そのあと、院長秘書室から電話が
院長室で
ソウパパ:うちの病院の勤務はどうですか?気に入ってますか?

ヘジョン:大丈夫です。

ソウパパ:・・・・・二人とも同級生なんだから、仲良くしてね。

あ!そうだ。話をききましたよ。

ユ・ヘジョン先生SBCのフォーカスな人々のプログレムに使用したいって

うまくやってください。

ヘジョン:それは既に断りました。私にはふさわしくないので(合わないので)

ソウパパ:そんなことがどこにあるんだ。病院が危機に直面しているんだから一緒に力をださないと

うちのソウだったら良かったんだけど、そんな資格もないから。

やることを信じてますよ。会えてよかったです。

私は、若い人たちが好きです。

院長室の外で

ソウ:私、こうやって生きてるの

私も、全部が簡単にはいかないの。



戻ろうとしたところに



ジホン先生:一緒に帰ろう。今日はお前が送ってくれる?

ヘジョン:そういうのすきですよ。

落ち込んでたいけど、今、気分が良くなったわ

ジホン先生:ん?なんで気分が良くなかったんだ

ヘジョン:院長に会ったの。ソウと一緒に

人間(?)と住むには、遠くに住んだ方がいいかも

近くで見るから、。。。。

ジホン先生:だけど俺の人生には入りたいのか?

ヘジョン:喜んで中に入るわ。

ジホン先生:じゃぁ一緒に行こう


一緒に帰るヘジョンとジホン先生


ユンド先生の帰りを待ってるソウ



ソウ:そうしないでおこと思ったのに

辛いことがあると、いつも先輩を思い出すの

なんで、私はダメなの。なんでダメなの。

私たち、いいじゃない。お互いのことだってよくわかってるじゃない。

ユンド先生:バカか。お前がダメなんじゃなくて、俺がダメなんだ。

ソウ:私たちがどれだけお似合いだと思ってるの。

先輩、背が高いじゃない。先輩の身長に合うなんて完璧でしょ。

ユンド先生:背は同感だな。

ソウ:どうってことないわね。(?)すぐ認めたから。

背しか言うことなかったのに。

ユンド先生:帰れよ。近所の人が見るだろう

ソウ:人が見ようと見まいと、何が関係あるの?

ユンド先生:2つ選択するものがある。

親に従って生きて行くか、そうじゃないか。

・・・・・

ソウ:出来ない。

ユンド先生:何でか知ってるか?


ソウ:私お父さん好きよ。小さい時から。

ユンド先生:もう行け。子供みたいに言うのはやめて

両親の元から離れてみろ(?)


病院では、ギョンジュンにアン・ジュンテが怒られています。

怒られ過ぎてジュンテはスニハワイに〜

スニ:あれ、一人で来たの?

アン・ジュンテ:お酒ください。おつまみも

お酒を持ってきたスニに

もし病院の人が来て、僕のことを聞いたら、いないと言ってください

スニ:どうやっていないと言えばいいの。誰が見てもここにいるのに

泣いてるの?

ユンド先生の家
インジュが普通に帰ってきます。。。

どうして〜〜って

そこへ、パラン先生も帰ってきます。。

彼女を作って、誰も来ないようにするからぁ〜って言うユンド先生だけど

そんな性格で彼女がついてくると。。。とかって言われちゃうユンド先生


ヘジョンと一緒に帰ってくるジホン先生

そして、ご飯食べてく?と聞くジホン先生

いいえ。

じゃぁ、ユーホーキャッチャーやってく?と

いいわ。と賛同するヘジョン

ジホン先生:わぁ〜うまいな。

ヘジョン:私が全部、教えてくれたことは上手にやるわ

いったいどうしてUFOキャッチャーを家に置こうって思ったの?

ジホン先生:自分にご褒美をあげたいと思ったからだな。

ヘジョン:私にも必要なことね

ジホン先生:お父さんに会った。

話すのやめようか。



ヘジョン:して。

ジホン先生:話始めたのはよかったけど、どうやって話していいかわからなくなった。

ヘジョン:お父さんのこと嫌いよ

ジホン先生:知ってるよ

ヘジョン:誰かがお父さんとの中をどうにかしようとするなら

あの人には二度と会わないわ

ジホン先生:俺は会ってもいいんだよな?

ヘジョン:何で会うの?

ジホン先生:ハルメクッパが食べたくて。それだけだ

ヘジョン:それは私も懐かしいわ

今更なんだけど、なんで私が料理しないか知ってる?

上手に出来ると思って。上手に出来れば、ハルモニのことを思い出すから

ハルモニのことを考えると、涙が出るから

ジホン先生:ん〜どうしてやったらいいかわからないな

ヘジョン:わからないっていうの好きよ

私が教えてあげるわ。こういうときは、こうやって手を



こうやって抱きしめてくれればいいわ。

翌日、病院
タルが手術です。。。

手術中、先にヘジョンが処理をしています。。

ジホン先生が来て、変わろうとするけど

いいよ、続けて。。。とジホン先生

次にジホン先生が手術に入ります。

途中、脈がなくなります。。。

ジホン先生:ストップ

といって、全員の手を止めます。

ジホン先生:今はどうだ。

助手:普通に戻りました。

ジホン先生:OK



ジホン先生:俺、上手だろ?

ヘジョン:うん、とっても

手術は成功します。。。


キム・テホ先生に呼ばれるヘジョン

番組に出ることを進められて、はい!って答えます。

こんなに簡単な人だったか?というテホ先生

先生には簡単な先生です。。。とヘジョン





ジホン先生:今日は何が食べたい。

食べたいもの、全部食べさせるから。



ヘジョン:本当に?

だったら、私、・・・・

ジホン先生:だったら、ヘジョンは。。。

と一緒に買い物に行く二人

お家でごはん


ヘジョン:いただきます。

ん???

ジホン先生:なんだ?

ヘジョン:ハルモニのクッパみたい。

ジホン先生:美味しい?

ヘジョン:うん

とっても美味しいわ。どこで買ったの?

ジホン先生:ハルメクッパ店

手がとまるヘジョン



お互いの事情に入り始めることは、恋愛の始まりだ。

でもそれは、人生に加わることでもあるから、歓迎することでも

あるけれど、歓迎するには難しいことだわ。


14話につづく









拍手[3回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

Doctors あらすじを読んで

8話からライブでドラマを観ています。翌日は必ず韓国ドラマ好きのママライフさんのあらすじをチェックしてなるほどと思いながら読んでます。
色々な方のあらすじを読んだ中で一番、写真付きで解りやすくこのまま最終話まで読ませていただきます。
  • from Kyoko :
  • 2016/08/03 (18:17) :
  • Edit :
  • Res

Re:Doctors あらすじを読んで

初コメントありがとうございます。
めちゃくちゃうれしいです。ブログを初めてコメント頂けたの初めてなんです。
ありがとうございます。本当、めちゃめちゃ嬉しい^^

韓国語がいまいちなので、会話中に?マークも多いんですけど、
わかる範囲で翻訳してます。ただ、どうしても30分翻訳するのに、写真を入れたり
書いたりしていて、3時間くらいかかってしまうので、更新がづれづれになってしまって
お待たせしていてごめんなさい。

楽しみにして下さる方がいらっしゃるので、頑張る気持ちが、ますます湧いてきます。
初コメントありがとうございました。現在、14話を5分ほど翻訳してます。。。
今日、更新できるかなぁ。。。頑張りますね。
  • from marymama :
  • 2016/08/03 (20:21)

プロフィール

HN:
marymama
HP:
性別:
女性
趣味:
韓国ドラマ観賞
自己紹介:
韓国ドラマ大好きです。
いろいろ見ているうち日常会話程度の韓国語を修得。
ですが、読むことも書くこともできません^^
わからない言葉は、同じ発音を翻訳機にかけて意味を拾ってます
が、同じ発音が出来ることはほぼ皆無ですけどね(笑)
あらすじ書く上で、発音とニュアンスから意味を拾うので
言語と相違ある部分がありますので、その辺は許して下さいね。
拍手ボタンやコメント頂けると、本人嬉しくなります^^
よろしくお願いします。

スポンサーリンク



フリーエリア

お知らせ

最近韓国ドラマ見るばかりであらすじ書いてませんでしたね。書きたいものはあるんですが、中途半端なのもどうにかしたいのよねぇ~

ブログランキング

ブログランキング参加中。 ポチット押してくださると励みになります。

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

P R

忍者カウンター

Copyright ©  -- 韓国ドラマ好きのママライフ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]