忍者ブログ

韓国ドラマ好きのママライフ

韓国ドラマ好きママの楽しい毎日!本日のおすすめ韓国ドラマ


[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鮫(サメ)상어~愛の黙示録~3話



3話あらすじ

警察を殴ったせいで、イスは警察に留置されています

そこへ、カンヒスを殺した事件を担当している刑事が

イスに話しかけます。

どうして、父親が交通事故を起こしてないと思うのか?

イスは、目撃者がいたといったじゃないですか~と言いますが

他にも理由があるはずだと。。。

刑事を信じていないイスは、自分で証拠を探すといって言いません。

警察暑の外で待つヘウ

しかし、イスはお父さんのことを考えています。

あの日、酔っ払って帰ってきたヘウ父とその時計

ヘウはイスにすごく心配なのと言いますが

関係ないから、気にするなというイス

おじいちゃんと親しい本屋さんによりますが、おじさんがいません

その頃、

イスの家の中を誰かが何かを探しています。。。


帰宅するイスに、妹のイヒョニは

ロッカーのキーを渡します。オルゴールから出てきたと


ヘウのおじいさんは、イスのお父さんに

書類を持っているか聞いているところを思い出していますが

重要な書類で、誰にも見られたくないようです。。

イスはそのころ、キーホルダーに書かれた途中までの電話番号から

番号を書き出し、1件1件電話をかけ

ロッカーのある場所を突き止めます。

そして、やはりヘウ父は

交通死亡事故を起こしていたようですね、担当の警察に会い

賄賂を受け取り、かわりにヘウ父は現場に落とした

時計を受け取り、川に投げて捨ててしまいます。

これで、イスが知ってる時計の証拠がなくなったというわけですよね


イスはヘウ父の帰りを家の前で待ちます。

イスはヘウ父に時計をはめてないんですね。

目撃者が言ってました。犯人は時計を落としていったと。

そして、犯人が違う人だと???

それは、あなたの方がよく知っているでしょっと言いますが


翌日?

ヘウは学校の図書館にいるイスに

明日は日曜日だから、ペンションにいこうと言います。

が、イスは行かなきゃいけないところがあると

必ず行かなきゃいけないから、ペンションには行けないと

何で私に言ってくれないの?と言うヘウですが

イスは、お前の家の力は必要ない。要らないと言います。

イスは信じていないからですよねぇ~

でもヘウは、イスにとって、私が必要ない存在だと思われたと

思い、もういい。わかったと怒ってしまいます

そして、もうこれからはこんなことはないからと

席を立つヘウ

泣いてるヘウを見て、

イスに会いに行くオ・ジュニョン(ヘウの未来の旦那さん)

イスに、ヘウに謝れと言いますが

大事なことがあるから、行かなきゃいけないというイス

そして、

ヘウよりも大事なことなのか!!!!聞くけど

ヘウより大事なことだと。。。

先輩がヘウの話を聞いてあげてほしいというイス

イスはロッカーの場所を突き止め

ロッカーを開けますが。。。。。


何もありません。。。



そう、


保管期限が切れて、出されていたようですね

そして、


駅員さんから書類を受け取るイス


全てを読みます。。。


そして、

書類を持ったまま公衆電話へ


イス:刑事さんですか?

刑事:ハン・イス???

イス:刑事さん信じてもいいですか?

刑事:何?

イス:刑事さんを信じてもいいですかって?

刑事:お、おう。いいぞ、信じて。信じろ。。。

   イス!!!

イス:お父さんが殺された理由がわかりました。

刑事:どういうことだ

イス:電話で説明するのは難しいです。助けてくれる人が必要です

この書類だけで、お父さんが殺されたと証明するのは難しいです

刑事:書類???

イス:お父さんが残したものなんです。僕が持っています

刑事:今、お前の家に行くよ

イス:家はだめです。警察署もだめです。誰も信じられないから

刑事:そこはどこなんだ

イスのもとへ向かう刑事

そして、前とは違う番号のロッカーキーを持つイス


イスはヘウに電話をします
 ヘウはイスの妹イヒョンと、ペンションに来ているんですね。

イヒョン:おっぱ、どこなの?来ないの?

イス:もうちょっとあとで。明日から、毎日ごはんも一緒に食べて、散歩もしよう

イヒョン:ホントに?約束したからね。

イス:うん、約束するよ

イヒョン:お姉ちゃんがスパゲティを作ってくれたの。すっごく美味しそうよ

でも、おっぱの分はないよ。お姉ちゃんがおっぱと喧嘩したから作らなかったの。

ちょっと待ってね。

お姉ちゃん。。。はい

いいよ、出たくない

おっぱがお姉ちゃんに代わってって

ヘウ:何?もしもし。。。もしもし

イス:僕だよ、ヘウ

へウ:知ってるわ。何?

イス:つらいよ、辛いよ、ヘウ

ヘウ:イス???どうしたの?

イス:僕が何をしなきゃいけないのかわからない

信じれる人が誰もいないんだ。ヘウ、僕・・・・

ヘウ:何があったの???今、どこにいるの?どこに?

私がそっちに行くわ。私が行くから。イス

イス:ヘウ、僕が言った言葉覚えているよね?

ヘウ:あなたが言った言葉って?

イス:どんな瞬間でも、僕たちは僕たちが出来ることをするしかないって言ったこと

ヘウ:うん。湖で

イス:お前もつらくなるかもしれない。辛い状況になるかもしれない

ヘウ:何のことなの?

イス:これだけ覚えていて。

どんなことがあっても、どんなことが起こっても、お前と僕は一緒だ

ヘウ:突然、なんでそんなこと言うの?

イス:僕の言ったこと忘れちゃだめだよ。絶対、覚えていてよ

どんなことがあっても、絶対、絶対 僕たちは離れない。別れないから

ヘウ:イス?イス?イス?もしもし・・・・


っと、イスは向かってきたトラックに殺されて。。。。しまうのです

トラックの運転手は、書類を手にして・・・・

一足遅く、到着する刑事。。。。

そこに、イスは・・・いるのか??????





(イスは、いなくなっているんですね。。。あんなに大量に血を流して倒れていたのに)



現在に戻り

ヘウの結婚式2次会。。。

イヒョンを養父(刑事さん)のところに送り届け

戻るヘウ。。。イスの事件のことを思い出しながら

そして、ホテルのベランダ!?で会うイスとヘウ

イス:結婚おめでとうございます

ヘウ:今日、結婚式場にいらっしゃったでしょ?

イス:よく覚えていましたね。

ヘウ:そんなことないのですが、もしかして、ジュニョンおっぱ(旦那さん)の
   知り合いの方ですか?

イス:いいえ、ただ見たかっただけです

韓国へ来た日に、泊まるホテルで結婚式があるなんて、縁起がいいと言うか、、、

ヘウ:韓国人の神なのかもしれないですね。

イス:吉村じゅんです と握手を求めるイス

  韓国名はキム・ジュンです

ヘウ:私、チョ・ヘウといいます

キムジュン:良い名前ですね

ヘウ:ありがとう

と再会するイスとヘウなのですが。。。。

イスは顔も名前も変わっているため、ヘウはイスの感じはするも

イスだとはわからないのです。。。


北極星の話をするキムジュンを見て

泣いてしまうヘウ

そして、そっと抱きしめるキムジュン

この時の顔はイスに戻ってる気がしますね。。。

そこへヘウを探しに来るジュニョン。。。



そして、

ヘウ、ハラボジたちも大人同士でお祝いを

そこへ、ヘウ父あてにチョンマンチョルからお金の請求電話が

なんせ交通事故の処理をしたのですからね。。。

出て行く、チョンマンチョルは誰からに後ろから殴られます

でも、

それはキムジュンじゃないようです。。。



そして、


ヘウのもとに、チョンマンチョルから

12年前にハンイスが死んだ理由を知っているものですと

電話をかけ、ここまで来てくださいと

言わされています。。。

向かう、イス

そこにはキムジュンが

チョンマンチョルに12年前の事件の真実を言えと言い

聞き出しています。。。


4話につづく

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
marymama
HP:
性別:
女性
趣味:
韓国ドラマ観賞
自己紹介:
韓国ドラマ大好きです。
いろいろ見ているうち日常会話程度の韓国語を修得。
ですが、読むことも書くこともできません^^
わからない言葉は、同じ発音を翻訳機にかけて意味を拾ってます
が、同じ発音が出来ることはほぼ皆無ですけどね(笑)
あらすじ書く上で、発音とニュアンスから意味を拾うので
言語と相違ある部分がありますので、その辺は許して下さいね。
拍手ボタンやコメント頂けると、本人嬉しくなります^^
よろしくお願いします。

スポンサーリンク



フリーエリア

お知らせ

最近韓国ドラマ見るばかりであらすじ書いてませんでしたね。書きたいものはあるんですが、中途半端なのもどうにかしたいのよねぇ~

ブログランキング

ブログランキング参加中。 ポチット押してくださると励みになります。

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

P R

忍者カウンター

Copyright ©  -- 韓国ドラマ好きのママライフ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]