忍者ブログ

韓国ドラマ好きのママライフ

韓国ドラマ好きママの楽しい毎日!本日のおすすめ韓国ドラマ


[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Doctorsドクターズ 15話 あらすじ後半30分



ヘジョンのために朝ご飯を作るジホン先生

ユンド先生:今出るところですか?

まさか、まさか、お弁当持って行くんですか?ユ先生のために?

ジホン先生:何でだ?ダメか?

ユンド先生:はい。ダメです。

ジホン先生:何でだ?

ユンド先生:とってもやり過ぎじゃないですか?

僕がここにいるのに、僕と一緒に朝ご飯も食べて、出勤も僕と一緒にして

ジホン先生:どうしたんだお前。

俺は行くから。残ってるのはお前が食べてもいいから。



ヘジョンのために作ったサンドイッチ

そして、

ヘジョンは最近、料理を作りたくなるって、、、ジホン先生のために。

すごっく変わったなって関心するジホン先生

そして、ヘジョンは先生の2つ目の質問に答えたことがとっても良かったと

今の関係を喜んでいるようです。

ジホン先生:今日は何してるんだ?

ヘジョン:緊急のコールがなければ部屋で論文を書いてるわ


そして、

新郎新婦が救急車で運ばれてきて

新婦は意識がありません。そして、お腹には子供が。。。

新郎は式の前の二人を振り返ります。

新婦から愛してると言われたことも。。。


ヘジョンはジホン先生にコールします。

意識がなく、妊娠20週の患者だと。。

CTを見ながら、ジホン先生は、ヨングクとギョンジュン

ヘジョンの診察の見解を聞きます。

執刀医ではないからというヨングク

ギョンジュンは手術できる状態ではないと。

そして、ヘジョンは手術しても良くなる見込みはないけど

この状態では、保護者の意見が最優先されるべきだと。

ジホン先生は、

そんな考えはアマチュアリズムだ。外科医としての見解とは違っている。

手術はしない。この損傷なら、手術をしても良くなる可能性がない。

患者と保護者にもっとも辛い苦痛を与えるだけだ。

保護者を呼ぶように言うジホン先生

ジホン先生は保護者に手術をしないことを伝えます。

しかし、

保護者は、可能性がないということは、全くないということではないでしょ。

少しでも可能があるということではないんですか?

それだと手術しればいいんじゃないんですか?

それでもジホン先生は、しません。

手術をしても良くならないから。

申し訳ないが、赤ちゃんの生命も安全ではありません。と伝えるジホン先生

それでも、

今日、お葬式をやるわけにはいかないんですと訴える新郎ですが

それでも、患者と子供のために受け入れてくださいと

伝えるジホン先生なんです。

そんな先生を横で見つめるヘジョン



ジホン先生:ICUで様子を見よう。変わったことがあったらすぐ教えて。

ヘジョン:私、アマチュアみたいだわ。

患者の保護者にあって、はっきりわかったわ。手術するのがいいと。

ジホン先生:外科医は、中途半端な感情から離れなきゃいけないんだ。

ヘジョン:患者のことだけを考えているのではないんですか?

ジホン先生:医者が患者のことを考えないで誰のことを考えるんだ。

ヘジョン:意識がない患者で、患者の保護者が決める患者の人生において

最も大きな影響を及ぼすじゃないですか。

ジホン先生:だから?

ヘジョン:手術をしてもしなくても結果は一緒です。

ジホン先生:同じじゃない。患者が手術という戦いをしなければならない。

どうしてそんな負担を与えないといけなんだ。

ヘジョン:手術をして、これ以上脳幹が損傷しないようにすれば、

更に命を延ばすことは出来るわ。

ジホン先生:自発呼吸も出来ない状態なんだ。むしろ手術をすることで死ぬこともある。

お腹の中の赤ちゃんもだ。

ヘジョン:もしかしたら、わからないじゃない。奇跡的に回復することも。

手術をしなければ、その奇跡が起こる機会もなくなるってことじゃないの。

ジホン先生:誰のために?

ヘジョン:時間をあげて。保護者のために。突然、妻と子供を失うことになったじゃないですか。

この手術する気がないなら、私がしてはダメですか?

ジホン先生:ユ・ヘジョン

ヘジョン:私がするわ。私がしてもいいじゃない。

ジホン先生:お前は今、スタッフとフェローの一線を超えようとしている。

お前と俺の個人的な感情でこうするなら、

ヘジョン:個人的な感情を考えるなら、こんな風には言えなかったわ。

医者として、私の見解を言ってるんです。

ジホン先生:それなら、医者としてお前の意見を確実なものにして

俺を説得させて見ろ。

ヘジョン:私があんな風に横になってたら?私を諦めるってことですか?

ジホン先生:それは反則だ。医者として俺を説得させるんじゃないから。



そこにゴルフで腰を痛めた議員が到着します。

ソウパパが対応します。

そしてホン教授に治療を受けたいと。。指定されます。

そして議員はヘジョンにも会いたいと病室に呼ばれていました。

そして、ヘジョンにMRIを撮って連絡するよう指示します。



ジホン先生はヘジョンに今でも意見は変わらないかと?と

そして、ジホン先生も同じ意見だと



患者を見ながら、

ジホン先生は、お父さんが死んだ時のことを思い出し。。。

手術をすることにしたジホン先生

手術は成功したけど、とっても患者の状況が良くないと。。。

伝えるジホン先生。




ヘジョン:突然、手術をする気持ちになったのはどうしてですか?

ジホン先生:お前が俺が奇跡が起こるかもしれない機会を失くしたからと言ったから

ヘジョン:奇跡は似合わないって思ってるじゃないですか。

ジホン先生:そうだったな。

神経外科の医者と奇跡は似合わない。私たちはいつも疑い、また疑う。

それにもかかわらず奇跡を願うのは、私たちが不完全だから。


1週間後

患者の様子を見に行くジホン先生とヘジョン。

ジホン先生:保護者は?

ヘジョン:外で待っています。

ジホン先生:行こう。

保護者に説明しにいきます。

ジホン先生:患者は今、脳死に近い状態です。

もうすぐ他の臓器も止まり、呼吸も止まるでしょう。

突然こんなことになって辛いでしょうが、選択しないといけません。

保護者:選択とは?どんな選択をするんですか?

ジホン先生:奥様はもう目覚めることは出来ないでしょう。

この状況では、子供が生き返ることもないでしょ

保護者:今、私に妻と子供を諦めろと?

ジホン先生:今、私たちに出来ることは、機会で今の状態を維持することです。

保護者:今の状態を維持すればどうなるんですか?

ジホン先生:もし奇跡が起こるとすれば

ヘジョン:奥様が持ちこたえられるならば、赤ちゃんは母体の中で成長出来ます。

現在妊娠20週なので、母体の外で生きることができないんです。

保護者:持ちこたえることはできますか?

ジホン先生:わかりません。

しかし、人口分娩が出来るまで、生命維持装置で最大限まで努力します。

保護者:頑張るはずです。優しい女性ですから。

私だけ置いて、赤ちゃんと一緒にいくことは、ないはずです。

奇跡は起きなかった。奇跡が起きないことが普通なんです。

それでも奇跡と言うでしょう。


つづく











拍手[3回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
marymama
HP:
性別:
女性
趣味:
韓国ドラマ観賞
自己紹介:
韓国ドラマ大好きです。
いろいろ見ているうち日常会話程度の韓国語を修得。
ですが、読むことも書くこともできません^^
わからない言葉は、同じ発音を翻訳機にかけて意味を拾ってます
が、同じ発音が出来ることはほぼ皆無ですけどね(笑)
あらすじ書く上で、発音とニュアンスから意味を拾うので
言語と相違ある部分がありますので、その辺は許して下さいね。
拍手ボタンやコメント頂けると、本人嬉しくなります^^
よろしくお願いします。

スポンサーリンク



フリーエリア

お知らせ

最近韓国ドラマ見るばかりであらすじ書いてませんでしたね。書きたいものはあるんですが、中途半端なのもどうにかしたいのよねぇ~

ブログランキング

ブログランキング参加中。 ポチット押してくださると励みになります。

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

P R

忍者カウンター

Copyright ©  -- 韓国ドラマ好きのママライフ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]