忍者ブログ

韓国ドラマ好きのママライフ

韓国ドラマ好きママの楽しい毎日!本日のおすすめ韓国ドラマ


[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Doctorsドクターズ 16話 あらすじ 

あらすじ

へジョンはキム先生の過去5年間の医療勤務記録を調べています。

そしてファックスで受け取り確認を

危険なことは信号を送って来ない。私は他の人の背景を突き止めながら、

私は守られてると思った。私が仕事をしているとき、他の人たちもそうだと思った。




ガンスは医療記録をパソコンに打ち込んでいる時、ボーッとなり同じキーを何度も連打します。

そこに現れたテヤン

ガンスの頭をこついて、いつもメンタルと言ってるお前のメンタルでも

ちゃんとしろと言い放ちます。



頭にきたガンスは思わず頭突きをして、テヤンは鼻血が。

そこへインジュが

インジュ:あんな何?叩かれたの?誰に?

インジュは、ジホン先生を呼び出して文句をいいます。

インジュ:あんたの部下、どうなってるの?人を殴るの?

ジホン先生:すごく痛いか?

テヤン:大丈夫です。

インジュ:もちろん大丈夫って言うわよ。痛いっていうとでも思って。

あんたたち教育をしっかりしないさいよ。

そこへパラン先生も来て。

パラン:誰だ?殴ったやつは?

インジュ:来るって。

パラン先生:殴るのお前すごく嫌いじゃなかったっけ?

ジホン先生:嫌いさ。

そこへガンスがやって来て、すみません。

ジホン先生:お前なんで殴ったんだ?

ガンス:アイツがちくちく言ってくるから。

インジュ:私たちは医師なのよ、もっと知性で抑えられないの?

ガンス:申し訳ありません

ジホン先生:何が申し訳ないだ?

ガンス、オレがチクチクしたことは知らなかったが、大丈夫だ。

いいな!今後もお前がこのように不当に扱われれば、それに見合う対応をしろ、行け

とガンスを勤務に戻します。



唖然とするインジュとパラン先生

インジュ:ちょっと、これは違うんじゃない?

パラン先生:オレも違うと思うけど

ジホン先生:鼻血が出たから綿で抑えてるのか?医師のくせに、ハリウッドアクションか!

インジュ:こんなことするの?ほんとに?

腕は内側に曲がるんだよと言い、去っていくチホン。

インジュ:(テヤンにむかって)今度こんなことになってら、黙ってないわよ。

パラン先生:ごはん食べに行こう。

ジホン先生は、ガンスとハイファイブ


そのころ、ソウパパの家では

ソウが帰って来ないので、パパが心配しています。

そして、ママに、いったいどんなだけ怒ったの?と

叩くまではしなかったんでしょうねぇ〜って。。。

痛いところを言われるソウパパ
病院では

ソウパパがユンド先生を呼び出しています。

そして、上を目指すことを言われますが、

自分は病気を治す医者がいいですと。。

VIP病室では、ナム議員がヘジョンを呼び出します。

呼び出して行くところへ、ジホン先生も。。。



そして、ヘジョンだけを残すナム議員。

給料はいくらなんだぁ。。と聞いたりしています。

そのあと、ソウパパとソウ、ユンド先生でナム議員を訪れます。

ソウパパ:ユヘジョン先生がいたんですね。ナム議員の容態は?

ヘジョン:大丈夫です。それでは。

ソウパパ:(ソウに向かって)ユ先生は、することが早い。

あれくらいの賢さがないとな。

ジホン先生と会うヘジョン。。

ジホン先生:早く出れたんだな。

ヘジョン:何も言わなかったら、出て行けって。

ジホン先生:何日かしたら退院だから我慢しろ。

ヘジョン:我慢してるわ。食べていかなきゃいけないからね。

ジホン先生:成長したな。

ヘジョン:ビタミンDはのんだ?

ジホン先生:まだだ。

ヘジョン:私、ちゃんとする人が好きです。

始めたんだから、ちゃんと飲まないと。

酸化防止剤については何?

ジホン先生:しつこい。

俺は健康だ。心配しなくていい。

ヘジョン:だけど、私より9歳年上じゃないですか?

私、先生が先に死ぬのは嫌なんです。

ジホン先生:突然、死ぬ話がどうして出るんだ。

ヘジョン:突然じゃないんです。

私が愛してる人たちが、私より先に死ぬのはダメなの。

そのことは絶対守ってね。

そして、妊婦さんの患者さんのところに回診に。。。

新郎はウェディングドレスを来た新婦との会話を回想します。

ジホン先生は、ヘジョンにバイタルのことをチェックします。

問題ないことを確認すると、出ていき、ギョンジュンに指示を

ジホン先生:体温とBPの安定をキープして

電解質(?)とホルモンレベルを確認するために毎日ラボテストをして

容態がかわったらすぐに連絡を

ヘジョン:産婦人科にも毎日回診するように言って

ギョンジュン:お二人ともとっても息が合ってますね

ヘジョン:どういう意味?

ギョンジュン:別に、何の意味もありませんが。。。



新郎がジホン先生を呼び止めます。

新郎:どれくらい持ちこたえれば、赤ちゃんが生きることができますか?

ジホン先生:24週までもてばいんキュベータを入れられ、赤ちゃんが生きれる可能性が

高くなります。だけど、患者は、出産後10分後に亡くなってもおかしくない状況です。

新郎:とっても後悔しています。先生。

ジホン先生:自分を責めないでください。今、ちゃんとやってるんですから。

新郎:いいえ、愛してるって言葉、言ってないんです。

それを後悔しています。とっても大切な大切な言葉だから、

結婚式で誓約のあとに言おうと思ったのに、

ジホン先生:奥様は新郎さんの気持ちを知っていると思います。

必死に子供を守っています。

ジホン先生はヘジョンに

どこにいる?

フェローに行く途中とヘジョン

動かずにそこにいろと、ヘジョンのもとに走ります。

そして誰もいない講堂にいき

ヘジョン:何か合ったんですか?

ジホン先生:言ったことなかっただろう。

ヘジョン:何の言葉?

ジホン先生:愛してる。ヘジョン

ヘジョン:その言葉を言おうとおもって急いできたの?

ジホン先生:ある場所、ある瞬間に、どんなことが起きても後悔したくないから。





ヘジョン:あ〜病院でいつもこんなことしちゃいけないんだけど。

ジホン先生:お前な何で言わないんだ

ヘジョン:何を?

私はしないわ。(言わないわ)

ジホン先生:何でだ?

ヘジョン:とっても大切だから。まだ言葉にするのは嫌なの。



ヘジョン:今日、あとで宿題をしに行こう。先生に会うのは。

今日で最後だから。


ヨングクとソウ

ヨングクにずっと友達ならいいというソウだけど

それならそうろしというヨングクに

突然気が変わったわ。あなたの気持ちが気になるというソウ

でも、ヨングクは、どうせ友達なんだから言いたくないと。。

ヘジョンは、キム・チヒョン先生を尋ねます



本人の勤務記録閲覧を見せながら、麻酔記録を持っているでしょと

これを言ったところで、人生が変わる人は誰もいないから、

法的に終わっただからと問いただしますが

時間をくれというキム・チヒョン


ガンスは相変わらず頭痛薬を飲んでいます。

ヨングクに最近、よく頭痛がするんだな。大丈夫かと心配してくれて

そのころ、ユンド先生は

研修医たちにサンドイッチを差し入れします。(わぁ〜珍しい、、、ははっ)



みんなに珍しがられるユンド先生は、

今までに差し入れしたことがないっていうのか?と聞くけど

みんな、まったく記憶にない。って〜


ヘジョンも料理を。。。

スニのために料理します。



スニ:今日はいいことでもあったの?

ヘジョン:最近、緊張がちょっと溶けたようよ人生に。

スニ:ホン先生が大きなことしたようね。

ヘジョン:あなたがいなかったら、私がどうやってここにいられるっていうの

スニ:私も同じよ。

ヘジョン:ハルモニの件もうまくいくみたい。

手術室にいた医者が、全部話してくれそうなの。

スニ:ソウが来て聞いたわ。あなたがクギル病院にどうして来たか。

知っていたけど、知らないふりしたわ。あの子に、あなたのお父さんが

ヘジョンの手術をしたのよ。って言えないじゃない。

ヘジョン:チョン・スニ、私、あなたがすごーく好き。

スニ:ユ・ヘジョン、私もあなたがすごーく好き。

あるじゃない。あなたにハルモニのこと、どうこう言えないじゃない。

だから、ホン先生と上手くいくことを願ったわ。

そうすれば、ハルモニのことも、何とかなると思ったんだけど

違うのね、あなたは。

ヘジョン:ハルモニはハルモニ、ホン先生は、ホン先生だから。

実は、ホン先生も最近、手伝ってくれてるの。

スニ:あっ、私、あなたと離婚しないとね。すごく長くいたわ。

だけど、あなたが幸せそうに見えるから、私も幸せよ。


ナム議員は、病室で会食。

頭が痛いけど、食べたら少し良くなったと。

ヘジョンは手術に入るため、VIPのナム議員のことを

ソウに任せるお願いをして手術に入ります。

担当看護婦にも、ソウ先生にコールするように言います。

そして

ソウはセミナーに行くため、ヨングクに頼むようコールします

そこにガンスが。。。

ヨングクは、ガンスにナム議員のコールを頼むようにいいますが

今言ってきたばかりだというガンスに、じゃ、そのままお前が

みてくれれば言いなと言って、眠りますが

ガンスの調子がおかしく


ヘジョンは手術中

アシスタントのギョンジュンはコールにきずいて

ヘジョンに言いますが、手術を継続します。

そして、

ナム議員の看護婦がガンスに電話するけれど

電話を出たとたん、気を失いかけるガンスは

電話の内容を聞き取ることができず、

電話がかかってきたことも、わからず



次の電話で、ナム議員の担当看護婦のコールを忘れてしまします。

駆けつけるジホン先生

手術が終わったヘジョンは

5件も不在着信があることに驚き。。。。

ナム議員は意識を失ってしまっていて。

当然、ソウパパにも情報が入ります。

そしてナム議員は手術へ



ソウパパがヘジョンが手術に入るのをとめますが

ジホン先生が、僕が執刀医だから、アシスタントは僕が決めます。

僕が責任をとりますと。




キム・テホ先生は、ガンスにどうなっていたのか聞きますが

ガンスは、看護婦さんからコールは受けていないと

覚えがないと言います。


手術は成功、あとは閉じるだけというところで

ジホン先生はヘジョンに変わろうとしますが

ソウパパがジホン先生に、最後までやらないとと

上から指示をします。




あとは目覚めるまで待つしかないと。。。


ユンド先生はその頃、ヘジョン先生のところに

ガンスを呼んで、事情を聞きます。

でも、コールを受けた覚えはないというガンスに

看護婦さんがコールした電話の履歴をみせます。

そして、ガンスも自分の携帯をチェックすると

そこには出た履歴が。。。



ユンド先生:頭に問題が起きてるんじゃないか?どうして覚えていられない?と

すみませんというガンスに

ヘジョンは責任をとる必要はないと。

院長(ソウパパ)に呼ばれるヘジョン

そして、責任を取りますというヘジョン

ソウパパは、規則に従って懲戒委員会にかけて責任を問うと

前も一度それで逃れたから、今回はダメだと。


ガンスはそのころ、本当に頭に問題があるんじゃないかと

こっそりCT画像を取ります。

そして、その写真をジホン先生にみせに



友達のだといい見せるガンス

ジホン先生:お前が診断できないのか?

ガンス:できます。髄膜炎のようです。

ジホン先生:そうだ。蝶形骨の近くに髄膜炎があるな。

かなり大きいな。

ガンス:それから、そいつが、欠神発作もあるようです。

突然、ブラックアウトして記憶がよく思い出せないと。

ジホン先生:髄膜炎と欠神発作まであるなんて、異例だ。

やい、すぐに治療をしろといえ、仲がいい友達か?

動揺しちゃうガンス。。。。


その後、ヘジョンを見つけるジホン先生

ヘジョン:院長に会ってきたわ。今回のことは、合法な手続きで進めるって

ジホン先生:そうでなくても、お前に会ってから、院長に会いにいくところだ。

ヘジョン:院長に・・・することがなければいいわ。

ジホン先生:これはお前だからではなく、誰でもこんなことになったら

弁護するはずだ。

ヘジョン:自尊心を守りたいの。彼に対する。

私が主治医だったわ。私の責任よ。

キム・チヒョン先生にあったんだけど、話したら態度が少し変わったわ。

ハルモニの医療事故、近いうちに解決出来る可能性があるかもしれない。

ジホン先生:そうか、それは良かった。

ヘジョン:合法的な手続きをする人に、それに合う方法で対応したいわ。

先生が見守ってくれてると嬉しいんだけど。私がどういう対処になるか。

ジホン先生:簡単じゃないよ。こんな状況なのに、じっとしていろだなんて、

俺は辛いよ。




ヘジョン:こういうとき、どうすればいいって言った?

既に話したはずだけど。

ジホン先生:こんなところで出来るわけないじゃないか。

ヘジョン:人もいないんだから、一度くらいしたっていいじゃない。





そして

ナム議員のことがマスコミに流れ

キム・テホ先生が記者会見に対応します。

その後

意識を取り戻すナム議員

安心するソウパパ




ガンスはそのとき、ヘジョンを呼んで

責任を取りますといいますが

ヘジョン:責任を取ることが誰にでも出来ると思ってるの?

私だから責任を問うのよ。私がちょっと優秀でしょ。

ガンス:やっぱり先生は慰め方も違いますね。

ヘジョン:慰めだってわかってくれてありがとう。

心配しないで。私行くわね。懲戒されに。



危険が近づくにつれ、私が探している真実に、もう一歩進んでいるような気がする。

危険をチャンスに変えなければ



つづく









拍手[6回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
marymama
HP:
性別:
女性
趣味:
韓国ドラマ観賞
自己紹介:
韓国ドラマ大好きです。
いろいろ見ているうち日常会話程度の韓国語を修得。
ですが、読むことも書くこともできません^^
わからない言葉は、同じ発音を翻訳機にかけて意味を拾ってます
が、同じ発音が出来ることはほぼ皆無ですけどね(笑)
あらすじ書く上で、発音とニュアンスから意味を拾うので
言語と相違ある部分がありますので、その辺は許して下さいね。
拍手ボタンやコメント頂けると、本人嬉しくなります^^
よろしくお願いします。

スポンサーリンク



フリーエリア

お知らせ

最近韓国ドラマ見るばかりであらすじ書いてませんでしたね。書きたいものはあるんですが、中途半端なのもどうにかしたいのよねぇ~

ブログランキング

ブログランキング参加中。 ポチット押してくださると励みになります。

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

P R

忍者カウンター

Copyright ©  -- 韓国ドラマ好きのママライフ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]