忍者ブログ

韓国ドラマ好きのママライフ

韓国ドラマ好きママの楽しい毎日!本日のおすすめ韓国ドラマ


[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Doctorsドクターズ 20話 あらすじ 前半

あらすじ

そうまた出会った。

こんな風にまた会うことになるなんてわからなかった。

考え見れば、最初に会った時もそうだった。

偶然に始まり、切っても切れなくて、私たちは運命になった。


ジホン先生が入ってきて

ソウママ:先生。

(ヘジョンを見て)あなたがどうしてここにいるの?

ソウパパ:知ってるのか?

ソウママ:知ってるわよ、もちろん。あのとき、ソウに

ソウ:私の友達よ。

ソウママ:何?

ソウ:友達なのよ。

病棟に移動しなければいけません。

ジホン先生:そうしよう

ヘジョン:VIP病棟に移動します。

ソウママ:いったいどうなってるの?

ソウ:病院よ。そしてお父さんと従業員でもあるわ。

私、お母さんが理解してくれると嬉しいわ

ギョンジュンが移動しますと入ってくると

歩いていくというソウパパ

CT画像を見ながら

キム・テホ先生:どうだ?

ジホン先生:腫瘍は変わらず、脳は問題ないです。

キム・テホ先生:睡眠薬のせいなのか?

ジホン先生:僕が担当でもないのに、どうして呼んだんだ?

ヘジョン:先生の考えを聞いた方がいいと思って

ジホン先生:チョ・ユンド先生に任せた方がいいのでは?

キム・テホ先生:チン院長が神経外科でと割り当てたんだ、昨日

ジホン先生:俺と話すこともないのに。

キム・テホ先生:俺と話したんだ。

ジホン先生:一旦、脱水症状にならないように

ヘジョン:はい。

VIP病室

ソウママ:ホン先生があなたの手術をするのは反対よ

医者がいなくて、彼に手術を受けるの?

ユンドがいるでしょ。じゃなかきゃ、アメリカに行きなさい

ソウ:ホンジホン教授がお父さんの手術をするのが、私たちの最高の選択よ

ソウママ:最高、何がよ。。。



ソウパパ:アメリカから優れているから呼んだのに、どうしてアメリカにいくんだ。俺に

ソウママ:自尊心があるからでしょ

ソウ:お母さんは、自尊心がお父さんの手術より重要なの。

ソウママ:長生きすることが出来ないわね。

どうしてこんな風に会うの?

キムテホ先生とヨングクが入ってきて

キム・テホ先生:CTとMRIを見たんだけど、前と変わったことはありません

ソウパパ:どうしてキム教授が来るんですか?ホン教授が来なくて

キム・テホ先生:ホン教授に手術を受けるつもりですか?

ソウパパ:じゃ、誰に受けろと?


ジホン先生とヘジョン

ジホン先生:どうして救急室に呼んだんだ?もしかして復帰したの知ってたのか?

ヘジョン:違うわ。先生は優秀じゃない。だから呼んだのよ

ジホン先生:気分いいな。

チン院長の状況を知っていたのか?

ヘジョン:いいえ、ちょっと前に知ったわ。状態が深刻よ。

ジホン先生:うん、手術をしても、前のように健康が保つことは厳しいな。

ヘジョン:どうして手術をしようとしないの?

ジホン先生:この間まで、俺と争ってたんだ

患者が精神が楽ではないはずだ。だから手術が上手いからという理由で

手術をするのは望んでいない。

そしてジホン先生はキム・テホ先生に呼ばれて

院長の病室に。。。

ソウとヘジョン

ソウ:ありがとう

ヘジョン:何が?

ソウ:ホン教授を呼んでくれたこと

ヘジョン:医者として、最善の判断をしたまでよ。

ソウ:私のお父さん、憎んでるじゃない

ヘジョン:好きじゃないわ、でも患者じゃない。

私の感情を入れちゃダメでしょ

ソウ:お父さんを客観的に見ることは出来ないわ。だからお父さんだし

あなたを傷つけたことは知ってるけど、私にとっては大切なお父さんなの。


ジホン先生は、院長の状態が危険な状態のところまであると

もし、もっと悪くなければ、生命も危ないと、

だから、早く手術をしないと行けないと、そうしなければ

神経まで、、、と細かく説明します。

そして

ソウパパ:早く手術をしましょうと

ジホン先生:本当に僕がしてもいいんですか?

ソウパパ:ホン教授を外科医として信頼しています。

ジホン先生:ですが、問題があります。

アシスタントがユ・ヘジョン先生です。

もしユ・ヘジョン先生じゃなければ、僕は手術が出来ません。

ソウパパ:僕に対する私的な感情のために、困らせているんですか?

ジホン先生:危ない手術です。ユ先生は、僕のチームとして合っています

成功を望むのであれば。

僕は医者として、どんな患者だも助けたいです。

ヘジョンとパパ



ヘジョンパパ:お前が先に会いたいって言ってくれて嬉しかった

ヘジョン:この間、ハルモニのところに行ってきたわ

ヘジョンパパ:そうか。俺も行かないといけないんだが

ずっと行けてないな。次に行くとき、一緒に行くか?

ヘジョン:ハルモニの医療事故、どうして、示談したの?

だから、良心からいいところを移動したの?

ヘジョンパパ:あのとき、どうしていいかわからなかった。

そして、どうやって始めていいかもわからなかった

医療記録を見せてくれと言ったんだ。そして、見たんだ。

見たんだけど、それを俺がどうしろというんだ

意味もわからなくて。裁判しようとしたら長くなるし

ヘジョン:じゃ、和解金など受け取ったらいけないじゃない。

ヘジョンパパ:誰に良くて、和解金をもらわないんだ。

それは、でも病院がしたことじゃないか。

俺がどうしろと。食べて行かなきゃいけないのに

俺だって、激怒したさ。だけど、俺が出来ることはそれしかないのに

どうしろと?

ヘジョン:お父さんの人生に同情しないわ

普通の親子関係にそういうのあるじゃない。客観的に受入られないの

そして、いくら考えてもいい思い出がないの。お父さんと

変なの。お父さんが好きじゃないのに。病気だって聞いて、気になったの。

痛くて辛くなれば、助けてあげたい気持ちが出てくると思うわ

でも、それが違うなら、会わないほうがいいわ。

家族を作りたくなったわ。でもお父さんと整理がつかなければ

始まらないと思って、会いたいって言ったの。

ヘジョンパパ;結婚するのか?

ヘジョン:いつかすることになるわ。

多分、連絡しないわ。

健康に長生きしてね。

ヘジョンパパ:ごめん。お父さんがお父さんとして出来なかったこと

お前の人生を辛くしたこと

ヘジョン:謝ってくれてありがとう

ヘジョンパパ:病気にならないよう努力するよ。

幸せに暮らせよ。




病室

ソウパパはソウママを外に行くようにいいます。

そしてヘジョンが来ます。

ソウパパ:ホン教授に話を聞いただろう?

ヘジョン:何の話かわかりません。

ソウパパ:ホン教授が手術をするんだけど、アシスタントはユ先生じゃないとって

ヘジョン:やりません。

ソウパパ:同じ考えだ。

そうでなくても不安で手術を受けられないよ。

ホン教授のところに行って、話してくれ

ヘジョン:わかりました。主治医もカン教授と変更します。

ソウパパ:そうして。

ため息をつくソウパパ


ユンド先生の電話もでないソウ

ユンド先生:電話でないのか?

ソウ:絶対でないといけないの?

ユンド先生:お父さん・・・・

ソウ:腫瘍の場所が危ないの。。。どうして首に出来てるの

と、気がきじゃない様子のソウ



ユンド先生:上手くいくはずさ。手伝うから。俺が

そこへヨングクが入ってきて

ヨングク:先生がいらっしゃったんですね。

後で会おう。。。

と出て行くヨングク


ヨングク:ソウに対する気持ちはどうなんですか?

ユンド先生:それをどうして俺がお前に言わなきゃいけなんだ。

ヨングク:ソウの友達で、先生のためにソウが辛かったとき、横にいたから

返事を受ける資格はあると考えます。

ユンド先生:お前、とっても礼儀正しいな、俺に

もしかして、学校行ってる時からソウを好きだったのか?

だから俺に距離をおいてたのか?

ヨングク:好きなのはそうです。友達として。今は違うけど

ユンド先生:俺はソウを本当の妹と同じだ。お前がソウと付き合うことになれば

俺は賛成だ。優しくしてやれ。

ヨングク:とっても格好良すぎませんか?

ユンド先生:何がかっこいいんだ。

好きな気持ちを抑えてるお前の方がかっこいいだろう。

知ってると思うけど、ソウのメンタルは弱いぞ

じゃぁな。

ガンスはブログに載せたのをギョンジュンと見ながら

コメントを見ています。

そして、KJは面白くないとコメントを

それは、ギョンジュンだったんだよね。。。ははっ

そして、ソウはヨングクを探します。

ソウ:ヨングク、お腹空いた

ヨングク:お腹すいたら、食堂にいけばいいだろう。どうして俺に

ソウ:そうね。どうしお腹空いてたのにてあなたのところに来たのかしら。
サブウェイで



ソウ:何?

ヨングク:じっとしてろ。

食べる気力もないのに、どうしてお腹空いてるんだ

ソウ:さっき、どうしてそのまま出て行ったの?

ヨングク:ユンド先生と話があるのかと思って

ソウ:慰め。。。先輩があれてたとき。。。

ヨングク:説明しなくていい。

俺がお前について知らないこと有るか?

出よう。

ヨングク:ソウ、いつも俺はお前の横にいる

そうだろう?

ソウ:うん。私の隣にはいつもあなたがいたわね。

ヨングク:だけど、どうしたらいい。俺が変わったんだ

あの時からだと思う。お前に初めて、悪いことしたとき

あの時からお前が俺の気持ちに入ってきた

ソウ:私の気持ちにあなたがいつ入ってきたのか、わからないわ

でも、お父さんのこと聞いたとき、あなたに慰めてほしい気持ちが先にあったわ

ヨングク:全部、上手くいくさ



病院では

ジホン先生が復帰します。

ヘジョン:遅くなったけどおめでとう。神経外科へ復帰したこと

いろいろ机に並べるヘジョン

ジホン先生:なんだこれ?

ヘジョン:病院のマーケットで買ったの。家に帰る時もって帰ってね

一つのことに集中する方法を知ってるわ。でも変えることにしたの。

いろいろやろうと思って(マルチタスクに)

ジホン先生:モルモットが俺か?

ヘジョン:うん、先生の彼女、そして思いやりある友達、

慰めてくれる先輩

ジホン先生:それを全部できるのか?

ヘジョン:チン院長の手術には入らないわ

ジホン先生:だから要約して言うと、チン院長の手術はとっても神経を使う

考えるのをやめて、注意を分散しようと

ヘジョン:どうしてわかったの?

ジホン先生:お前の彼氏だから。

ヘジョン:聞きたい答えも上手いのね。

ジホン先生:ふふん、お前が入らないんなら、俺も手術は出来ない

ヘジョン:どうして?

ジホン先生:自信がないんだ。

ヘジョン:自信がないのもあるの?

ジホン先生:あるよ。手術が難しければ、すごく負担になるんだ。

リスクが大きい。患者がそのリスクを負うとおもうと心配なんだ。

ヘジョン:チン院長は許すことができないっていったわ。

だから、ダメなの私は。

集中治療室にいかないと。ごめんなさい。


ヘジョンは妊婦の患者さんを診に行きます。

そして

ジホン先生は院長のところに。

他の先生を探していますと。。。

キム・テホ先生もいろいろ電話かけて調べています。


ソウは、ジホン先生とヘジョンに手術を受けるのが一番だと

ソウパパを説得します。

キム・テホ先生は、院長にあわせられる医者がいないから、手術を延期してはと


ソウはヘジョンに電話します。

ソウ:今、どこにいるの?家?
ヘジョンとスニの家


ソウ:ごめんね。遅い時間に

スニと一緒に住んでる家なのね。スニは?

ヘジョン:ちょっとしたら帰って来るはずよ

ハーブティーだけど、大丈夫でしょ。



ソウ:ヘジョン、私のお父さんの手術、あなたが入っちゃダメ?

ホン先生が出来ないっていうから、他の先生を探しているんだけど

思うようにはいかないわ。

ヘジョン:院長が嫌がると思うわ

ソウ:お父さんは私が説得できるわ

ヘジョン:ホン教授を説得してみて。アシスタントをギョンジュンやヨングクでやってと

ソウ:あなたがして。そうすれば私が安心できるの。

ヘジョン:ごめんね。

ソウ:お願いよ

院長の病室

ソウハラボジが来て。。。

こういう時こそ、家族が一番必要な時なんだ。。。と

子供が病気なのに、どうして親が気に駆けらずにいられる。。

怖くて仕方ないと無くソウパパ

死にたくないよ〜お父さん〜と

お父さんがお前を死なせたりしないから。。。と


ヘジョンも、ハルモニの写真を見ながら

ハルモニの最後の言葉を思い出します。。。


翌日、ギョンジュンから電話を受けるジホン先生

頭がチクチクして、割れるように痛い・・・と

そして

ヘジョンは、院長の部屋に

後半へつづく








拍手[5回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

無題

I’m not that much of a online reader to be honest but your blogs really nice,
keep it up! I'll go ahead and bookmark your site to come back in the future.

All the best
  • from furtivesled187.exteen.com :
  • URL :
  • 2017/05/16 (21:58) :
  • Edit :
  • Res

Re:無題

Thank you for your message.
I'm glad to hear that...Thank you so much.

>I’m not that much of a online reader to be honest but your blogs really nice,
>keep it up! I'll go ahead and bookmark your site to come back in the future.
>
>All the best
  • from marymama :
  • 2017/06/04 (09:39)

プロフィール

HN:
marymama
HP:
性別:
女性
趣味:
韓国ドラマ観賞
自己紹介:
韓国ドラマ大好きです。
いろいろ見ているうち日常会話程度の韓国語を修得。
ですが、読むことも書くこともできません^^
わからない言葉は、同じ発音を翻訳機にかけて意味を拾ってます
が、同じ発音が出来ることはほぼ皆無ですけどね(笑)
あらすじ書く上で、発音とニュアンスから意味を拾うので
言語と相違ある部分がありますので、その辺は許して下さいね。
拍手ボタンやコメント頂けると、本人嬉しくなります^^
よろしくお願いします。

スポンサーリンク



フリーエリア

お知らせ

最近韓国ドラマ見るばかりであらすじ書いてませんでしたね。書きたいものはあるんですが、中途半端なのもどうにかしたいのよねぇ~

ブログランキング

ブログランキング参加中。 ポチット押してくださると励みになります。

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

P R

忍者カウンター

Copyright ©  -- 韓国ドラマ好きのママライフ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]