忍者ブログ

韓国ドラマ好きのママライフ

韓国ドラマ好きママの楽しい毎日!本日のおすすめ韓国ドラマ


[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

イ・ジョンソク ハン・ヒョジュ主演の「W」第10話 あらすじ

あらすじ
スボンがヨンジュパパに、夜食を買いにいくんだけど

と声をかけますが、真剣な先生はスボンの声が聞こえていません。

スボンよ呼ぶ先生(ヨンジュパパ)は、スボンの返事がないことに

我に返ります。

そして、あの怪物の写真を破り捨てると

原稿を書いているパソコンから

犯人:やっと約束を守ったな。

これが俺の顔だったのか?

そう、これが俺だった。俺はお前だったんだ。

俺にとってもよく似合う顔だ

お前もカンチョルを殺したいって思ってたじゃないか。

俺みたいに。

(カンチョルを屋上で刺した時のことを回想しながら)

あの時、わかったんだ。

お前と俺は、同じ世界なんだと

だからそうなのか。まったく同じに見える



そしてパソコンにあかりが消えたと思ったら

画面から犯人が出てきて



ヨンジュパパ:どうしてだ。。約束守ったじゃないか。

犯人:そうだ約束は守った。だけど、俺を殺すのは裏切りだろう

今まで、命令どうりにしてきただけなのに

お前はもう俺だ。俺がお前で

これからは、お前が俺の命令を聞け。



そこでスボンが帰ってきて

ヨンジュパパの顔がなくなってるんです。

スボン、俺だ!!!と

そして犯人は、いい銃を描くように、

そして銃弾も。。。ヨンジュパパに指示を出すと

ヨンジュパパは、何かに乗り移られたみたいに従って描きます。

マンガの中で突如現れた銃と銃弾で

犯人は、番組に乗り込み無差別に人を銃で撃ちます。


そこで、犯人はカンチョルに自分の顔をお披露目するんでした

犯人はドラえもんのどこでもドアみたいに

突然出てきた扉のむこうに行きます。

そのころヨンジュまだマンガの世界に。。。。




記者会見をするカンチョル。。。それを、ハン・チョロが見ていて


患者の手当をするヨンジュは、同じ医者に、

あなたは誰だ!白衣も違うし。どうやって入って何してるんだ。。。と

あわてて逃げて、ガウンを取り替え、屋上に行きます。

どこにいけばいいのよぉ〜と思うヨンジュ

そこへカンチョルが。。。



ヨンジュには気づいていません。

そんなカンチョルの背中を愛おしく見つめるヨンジュ

帰ろうとするカンチョルはヨンジュに近づき

カンチョル:オ・ヨンジュさん、医者が病院でお酒を飲んでもいいんですか?

今日は、緊急対応じゃないんですか?

ヨンジュ:今は、医者が十分必要ではないから。

緊急室でも、十分だから。それに、私、勤務でもないし。

カンチョル:一口飲んでもいいですか?



結局、また知り合うことになっちゃう二人〜

一口のんで返そうとするカンチョルに

ヨンジュ:全部飲んでもいいわよ。

とポケットからもう一つ取り出します。

そして、ことあるごとに見つけるヨンジュ

カンチョル:僕をどうしてそんなに見つめるんですか?

最初から気になっていたんですが、どうしてそんなに見つめるんですか?

ヨンジュ:似てるから。

カンチョル:僕が?誰と?

ヨンジュ:主人よ

カンチョル:あっ、それ結婚指輪だったんだ。

カンチョルは、ソヒからの電話で、その場を去って行きます。

行き場のないヨンジュ

翌朝になっても、まだマンガの中にいるヨンジュ

その日も、その次のにも。。。その次の日も

私は永遠に、家に帰ることができない。。。と思うヨンジュ

食堂で、キムチとたくわんだけで、空腹をしのぎますが

私は主人公にとって、何にも意味がない役だけど

私はただマンガのエキストラだけなのに。。。

ヨンジュは、スタッフルームの冷蔵庫をあさったり

とにかくお腹がすいてるヨンジュ

病院の人に見つかり、逃げるヨンジュは、病院の外で

はぁ〜と

そこへ、ソヒを見かけるヨンジュは、ソヒの家に行くことを

思いつきます。

暗証番号も知ってるヨンジュは、勝手に家に入り

冷蔵庫の中のもをたべ、ラーメンを発見

鍋に火をかけ、シャワーをしたくて

ソヒの部屋で、着替えなどを探していると

そこへ

カンチョルの声が。。。

慌てて隠れるヨンジュ

入ってきたカンチョルは、お湯が沸いている鍋を見つけて

カンチョル:見つけた。今からいくよ。

その言葉を聞いたヨンジュは、そっとクローゼットの中から

出てきて、そっと出ようとするところ

カンチョルが足で扉をけり、見つかってしまいます。



知り合いか?とソヒにメールするカンチョル

初めて見るわ。誰?と答えるソヒ

カンチョル:ここの住人は知らないってよ。

どうやって、暗唱番号がわかったの。

ちゃんと答えなければ、すぐ警察を呼びます。

どうしてここにいるんですか?

ヨンジュ:お腹がすいてて

すっごくお腹がすいてて、

カンチョル:それが通るとでも?お腹がすいてるなら

食堂へ行けばいいでしょ。どうして、ここへ来たんですか?

ヨンジュ:お金が1円もなくて

カンチョル:どうしてお金が1円もないんですか?医者が?

ヨンジュ:私、医者じゃないわ。私、あそこの病院の医者じゃないの。

あなたが勘違いしたのよ

カンチョル:医者じゃないのに、あの日どうして救急にいたんですか?

警察を呼べというカンチョル

カンチョル:最近、どういう騒ぎになってるか知ってるでしょ。

少しでもはっきりしたことができないから、警察がくるから、警察に言ってください。

ヨンジュ:はい

カンチョル:拘置所に言っても、関係ないの?

ヨンジュ:いっそのこと、そこの方がいいわ。

あそこはご飯もくれるし、寝る場所もある。

カンチョル:今、拘置所が何かもしらず

あそこが、何かのホテルだと思っているようですが

ヨンジュ:知ってるわ。そこに何度もいったから。

警察に渡して行ってください。

それで、来る前にラーメンを食べて行っちゃダメ?

水が沸騰してるのに。とってもお腹空いてるからよ。


ラーメンを作ってくれるカンチョル

カンチョル:名前は何?

ヨンジュ:オ・ヨンジュよ。

カンチョル:ほんとうの名前だよ。

ヨンジュ:オ・ヨンジュよ。

カンチョル:家はどこ?住所は?

家族はいないの?結婚してるって言ってたのに


ラーメンが出来、嬉しそうなヨンジュ

すぐ食べようとしますが、口を切っているので、ラーメンが暑くて

ヨンジュ:あっ痛い!とっても痛い

カンチョル:痛いはずさ

怪我してるところにあたらないように食べるヨンジュ



カンチョル:ちょっと待って、何日間はいたいよ。

と薬を塗ってあげます

ヨンジュ;いいわ。

カンチョル:じっとしてて。痛いっていったじゃないか。。

ヨンジュ:もういいわ。やめてよ。やめてって

どうして触るのよ、どうして惨めにさせるのよ。

触らないように努力してるのに。

1週間寝不足で、泥棒してでも、あなたにお金をかしてと言わなかったわ

あなたの人生に関わらないように。

どうして、突然、ここにきて、薬を塗って、優しくして。

むかつくのよ。本当に

カンチョル:どうして怒るの?

ヨンジュ:そうよ。私、結婚したのよ。そう、これ、結婚指輪よ

だけど主人はいないの。だから助けてほしくても、助けてくれる人が

一人もいないの。

カンチョル:結婚したのに、どうして旦那がいないんだ。

ヨンジュ:いなくなっちゃったのよ。

死んだのでもなく、離婚したわけでもないのに。ただ、いなくなっちゃったのよ

何にもないの。ただ甘いロマンスを4つだけ

ただ4つだけしてくれて、いなくなっちゃったのよ。

1日すぎて、、、、(?)笑えるでしょ。

私に、愛してるって言ったこともないわ。いつも私だけ言って

そしていなくなっちゃったの。

あ〜(無念で)悔しいわ。ほんとに。

だけど忘れようとしたわよ。ハッピーエンドだから。

だけど、これ、何がハッピーエンドよ

これを見たら、どうして別れたのかもわからないし。

私のこと、抱きしめることもできないのに、どうして私がここにいるかもわからないし

家に帰りたくても、変える方法がないし

私、ここに知ってる人もいないのに、お金もないし

カンチョル:何を言ってるのか一つもわからないんだけど

ヨンジュ:誰がわかってっていったのよ。気にかけないで



警察がきて。。。。




カンチョルはヨンジュを警察には引き渡しませんでした。

カンチョルは、本部長から電話があり、病院に向かいます。


犯人はハン・チョロに、カンチョルを殺そうと

カンチョルについて知ってることがすごく沢山あるんだと電話を書けます。

そして、

犯人は、ヨンジュパパに、こうやって書けと指示しています。

それはなんと、本部長のもとに録音として携帯に残っているんですね。

それで、カンチョルを呼んだ本部長



そこには、カンチョルとカンチョルのお父さんとの会話が記録されていて

銃弾の音までが。。。

本部長は真実が知りたいと。カンチョルに疑いを持ってる本部長

そして、

本部長は突然、カンチョルの目の前で撃たれて

カンチョルの手には、今までなかった銃が現れます。


何がなんだかわからないカンチョルは、逃げるのですが。

怪我してるカンチョルは、ヨンジュが乗った車の運転手をおろし

逃げます。

そして、途中で運転を変わり、ヨンジュは薬局で

薬や、ガーゼを買うところ、

カンチョルが本部長を銃で撃って殺したという

ニュースを見ます。

そのときに、このおかしい出来事を理解することができた。

犯人がいなかったこと。お父さんのカンチョルの計画は失敗したんだ。

カンチョルをホテルに連れて行き、手当をします。



そして、ヨンジュは、

私、ここを絶対出ないといけないの。

一人で耐えられるでしょ。ちょっと間、我慢して待ってて。

カンチョル:オ・ヨンジュさん

僕はあたなの言うことが一つも理解できない。

どういうことですか?あなたがどうして僕を助けるんですか?

ヨンジュ:私、カンチョルさんの人生のハッピーエンドを望む人なのと

カンチョル:オ・ヨンジュさん。あなたは誰なんだ?

ヨンジュ:私、ここから絶対でないといけないの。





ヨンジュは部屋からでて、もとの世界に戻ります。



つづく





拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
marymama
HP:
性別:
女性
趣味:
韓国ドラマ観賞
自己紹介:
韓国ドラマ大好きです。
いろいろ見ているうち日常会話程度の韓国語を修得。
ですが、読むことも書くこともできません^^
わからない言葉は、同じ発音を翻訳機にかけて意味を拾ってます
が、同じ発音が出来ることはほぼ皆無ですけどね(笑)
あらすじ書く上で、発音とニュアンスから意味を拾うので
言語と相違ある部分がありますので、その辺は許して下さいね。
拍手ボタンやコメント頂けると、本人嬉しくなります^^
よろしくお願いします。

スポンサーリンク



フリーエリア

お知らせ

最近韓国ドラマ見るばかりであらすじ書いてませんでしたね。書きたいものはあるんですが、中途半端なのもどうにかしたいのよねぇ~

ブログランキング

ブログランキング参加中。 ポチット押してくださると励みになります。

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

P R

忍者カウンター

Copyright ©  -- 韓国ドラマ好きのママライフ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]