忍者ブログ

韓国ドラマ好きのママライフ

韓国ドラマ好きママの楽しい毎日!本日のおすすめ韓国ドラマ


[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

뻐꾸기 둥지 カッコウの巣~100話~

カッコウの巣(日本語題名) 뻐꾸기 둥지 (韓国語題名) 
Two mother(英語題名)


ーーーーーあらすじ100話(ネタバレ注意)ーーーーーーー
ミョンウさんとヨニは

ヒョングクの前で車に乗るファヨンとサンドゥのCCTVを見ます

ヨニ:2人どこに行ったのかしら?

ミョンウ:高速道路を調べたら、ヤンピョンのところでいなくなりました

     ヤンピョンに行って、病院や警察を調べないと

     ヨニさんは家に帰っていてください

     何かあれば連絡しますから

ヨニ;私も行きます、サンドゥさんに会わないといけないから



ジュニの会社では

ジウから、おいしい海苔巻が出来たけど

いつ帰ってくるの~と

それを後ろから聞いてたソンビンは

イモブ(叔母さんの旦那のこと)も行くから~と

ソンビン;だめだった、どうせ、イモブになるんだからいいだろう

ジュニ;そうね、ありがとイモブ

と嬉しそう、、、お似合いですね、、、


ヒョングク家

ソラがヒョングクの帰りを待って、挨拶します

ソラ;おかえりなさい

ヒョングク;ソラ、これ、プレゼントだ、これからは必要なものがあったら何でも言って

       買ってあげるから

ソラ:ありがとうございます

そこへ

ファヨンが後ろから

ファヨン:おかえりなさい   と

驚くヒョングクはファヨンを連れて部屋に

ヒョングク:俺が言っただろう、家に入るなんて夢にも思うなと

ファヨン:どうしろっていうの?ソラが一緒にいてって言うのに

      あなたの言うとおり、昨日は家に帰ったわ

      でも、私が家に帰ったら、ソラも私も家に帰るって

      あなたソラのことは考えないの?

      ソラが今、どんなに寂しくて辛くて孤独か

      考えないの?あなたはソラの父親よ
     
      私も十分反省したわ、これ以上、あなたを騙すことしないわ ソラもいるし

      だから、他の夫婦みたいに、仲良く幸せに暮らしたいの

ヒョングク:その言葉は本当か?俺を騙してることはないのか?

ファヨン:なんで?誰かがあなたに何か言ったの?

      まさか、ペ・ヨニに会ったの?

ヒョングク:ジウの母親、もう、いいよ


ファヨンは、ヨニに本当に会ったのかしら?

チェサンドゥは?確かに死んだのに、でも、発見されれば

今頃、ニュースに出るはずなのに・・・と不安に


ソラはファヨン母と電話で話しています

元気でいるよ~ごはんも食べてるからって

ファヨン母も、おばあさんやお父さんは優しくしてくれると心配で

ソラ:明日、明日、お母さんの家に行っちゃダメ、どうせ週末なんだし。。と

とそこへファヨンが入ってきて

ファヨン:お母さん?

ソラ:うん、明日、お母さんの家に行って、1泊してきちゃだめ

ファヨン:何言ってるの?ここへきて、何日たったと思ってるの?

      あなたがそんなことを言えば、おばあさんやお父さんが喜ぶとでも思って
  
      そんな時間があるなら、おばあさんの肩もみでもしてあげなさい

ソラ:でも、お姉さんが週末はお母さんの家に行ってもいいって言ったじゃない

ファヨン:それでなくても、頭が混乱してるのに、あなたまで。。。

      助けてくれてもいいじゃない。お父さんのところに行って話して

      おばあさんにもよくしなさい

      それから、もうちょっとしたら、私もあなたのお父さんと会社に出勤するわ

       おばさんもレストランに出勤するし。。。だから、この家には

       おばあさんとあなたの2人しかいないの。

       あなたが何をしなければいけないか、わからない?

       おばあさんに良くして、・・・・、愛情を受ける絶好のチャンスなのよ

ソラ:どうしてそんなことしなくちゃいけないの?

ファヨン:何?あなたわからなくて聞いてるの?

ソラ:私がお姉さんの本当の娘なんでしょ。娘に任せるつもり

    お姉さんがやらなきゃいけないことを、娘にやらせるんでしょ

    ホントのお母さんだと認めていない私を、初めてみる他人に浴しろって

    それが簡単に出来ると思ってるの?

    だったら、お姉さんから私に優しくしてみてよね。

ファヨン:やぁーそれが私に言う言葉なの?

      身内に言う言葉なの?

ソラ: 何で?どうして出来ないの?私が産んでって頼んだ?

    お姉さんが勝手に産んだんでしょ。  

ファヨン:そう、あなただけそう思ってると思ってるの?

      私こそ。私があなたを産んだなんて、すっごく嫌なのよ

      私の言うことをよく聞きなさい。

      あなたがこの家に入るには、私のいうことを絶対聞かないとだめなの

      もしこの家を出されたら、ホントに行くところなんかないのよ、わかった

ヨニはミョンウさんの事務所で

ミョンウ:ヨニさん、会社を首になるんじゃないか心配です

ヨニ:それより、サンドゥが心配です

ミョンウ:でも、僕たちの考えすぎなのではないかな?

      どこかで静かに暮らしたくて、連絡を途絶えているのでは?

ヨニ:違うわ、彼はそんな人ではないわ

   わざわざ私を訪ねてきたんですもん

サンドゥのことを心配しています。。。

そのころ、ファヨンは、サンドゥの夢を見て、怖くなって目が覚めます

あわてて、携帯でニュースを見るけど、何もないので不安に

不安にならないで、ファヨン、サンドゥは死んだのよ。

目の前にあらわれることはないわ。不安にならないで。。。と

自分に言い聞かせて。。。。


翌朝

ヨニは朝早くから出ているようです

ジュニ:お父さん、お姉さん昨日帰らなかったでしょ

ヨニ父:何言ってるんだ、帰ってきて、すぐ出かけたよ

ジュニ:何がそんなに急ぎなの?

ヨニ父:ソラ父のせいだろう



ファヨンは会社に行こうとするところをヒョングク母に止められ

ファヨン:ちょっと出かけてきます

ヒョングク母:どこに?

ファヨン:会社に行こうと思って

ヒョングク母:あなたHSグループから追い出されたんでしょ

         あなたが裏金口座まで作って騙したことをしらないとでも思って

とソラを迎えに行くように言われるファヨン

学校の前でソラを待つファヨン

ソラはファヨンを見るなり、きずかれないように去ろうとしますが

ファヨンに見つかり、

ファヨン:イ・ソラ、あなたどこ行くの?家は反対側よ

      どこか行くところでもあるの?

ソラ:私 あの家にはいかない。お母さんのところに行くわ

ファヨン:なんですって?本当にどうしたの?私がダメって言ったでしょ

      早く家に帰ろう

ソラ:お姉さんがなんのつもりで命令するの?

    私、これからは私のやりたいことをするわ

ファヨン:私が時間がたって、大きくなったら、家に連れて帰るって言ったでしょ

      私の言うことが聞けないの?

ソラ:なんで帰っちゃいけないの?もう私にかまわないで

    今まで、お姉さんの言うこと聞いたでしょ、命令した通りにしてきたわ

    嫌なことでも。。。あの家にいって暮らしてるじゃない

    お姉さんも少しは私のことをわかってくれてもいいんじゃない。

ファヨン:もぉ~どうしたって言うの?

      実のおばあちゃんやお父さんから捨てられたいの?

ソラ:捨ててよ、捨てればいいでしょ
  
   前も捨てたのに、今さら捨てられないとでも言うの?

   あの家も嫌いだし、お姉さんのことも嫌いよ

   いっそのこと公園で暮らした方がいいわ
  
   お願いだから、ほっといて、お願いよ

平手打ちするファヨン

ファヨン:だから、私のいうことを聞きなさいって言ったでしょ

ソラ;どうして叩くの?お姉さんが私のお母さんですって

    私がお姉さんの娘ですって

    お母さんって言う人は、こういう人なの?お姉さん、私が嫌いなんでしょ
 
    私がいなくなったほうがいいんでしょ。それが本心なんでしょ

ファヨン:そうよ、いっそのこと産まなきゃよかった

      あなたでなければ、こんなことにはならなかった。

      私が、ヒョングクの家に入れようと、どれだけ大変だったと思ってるの

      お金持ちの娘にしようと、どんな思いで、、、そんなことも知らずに

ソラ:誰がお願いしたのよ。言葉だけで

   お姉さんがしてくれたことって何があるの?
 
   小さいころから、こき使って無視されて、馬鹿にされてたのに

   それだけしかないのに、他に何があるの

   嫌よ、いやよ、全部いやよう

走り出すソラは、トラックにはねられ

連絡を受けたファヨン母ははだしのまま走りだし

ヒョングクも連絡を受けて・・・

到着するファヨン母

ファヨン:ソラは?大けがなの?手術しないといけないの?

      ちゃんと面倒みるって言ったじゃない

      あなたがいながら、どうして、交通事故に合うの?

      どうして?どうして?言いなさい

ファヨン:お母さん、私、私、私のせいじゃない

ファヨン母:どうして一緒にいたtのに、ソラだけが怪我をするの

       あなたのせいでしょ、あなたソラを憎んでいたじゃない

       言いなさい、言いなさい

       いくらで憎くても、自分で産んだ子供なのに

       あなたが連れて行ったなら、最後まで責任とらないと

       いっそのこと死になさい、死になさい

倒れるファヨン母は、看護師に背負われて

そこへヒョングクが・・・・

お前のせいでソラが怪我したって

本当なのか?どういうことだ。。。


そんなやりtりもヒョングク母とコモも聞いていて


そこへ

ソラが輸血が必要だと家族の方で誰かと

看護婦さんが出てきます

ヒョングク母は私が祖母です、私のを・・・というけど

RH-Bの血液型。。。。

ヒョングクの顔が一瞬で代わり

携帯がなります

ヨニ:ジウあっぱ、チェサンドゥ氏が見つかったわって

ヨニとミョンウさんはチェサンドゥに会いに行ってます

病院にて・・・

そこで警察にもどういう関係か聞かれて

サンドゥ:2人、どうして。。。。何の用ですか?

ヨニ:ソラが交通事故でけがしたって

サンドゥ:どれくらい怪我したんですか?行かないと

      娘が怪我したから行かないと

と、看護婦が止めるのもきかずに


そのころヒョングクはファヨンを連れ出し

ファヨン:ヒョングクさん、ヒョングクさん、ちょっと離してよ

ファヨン:ソラ、大丈夫よ、大丈夫よ 信じましょ

ヒョングク:ソラの血液型RH-Bや

ファヨン:今、運んでくるって言われたじゃない

ヒョングク:ソラ 本当におれの子か?本当に俺の子なのか?

ファヨン:あなたも知ってるでしょ、あなたが直接調べたんじゃない

ヒョングク:そうだ、お前がもしかして騙すかもしれないと思って

       直接俺が出したんだ

       でも、どうしてソラの血液型がBなんだ
       
       言えよ。この間、病院に行ったとき、確かに、お前はOだった

       俺はAで、俺とお前の子なのに、いったいどうしてソラがBなんだ

       しかもRH-なんて

ファヨン:ヒョングクさん、信じて

ヒョングク:そうさ、信じようとしたさ。いくらペヨニが俺を訪ねてきて

       ソラが俺の子じゃないと言ったのにもかかわらず、

       お前の自分の子だから、まさか、自分の子までを利用するとは

       思わないからな、だけど、

ファヨン:血液型はかわることだってあるでしょ

     あなたが直接検査したのに、どうして、ソラがあなたの子じゃないの?
      
     あなたの子よ。お願いだから私を信じて

ヒョングク:いや信じない。信じられないよ。自分の子まで騙して

そこへ


ファヨン母、サンスン、コモが

ファヨン母:ファヨン、なにかの間違いでしょ、誤解でしょ

ファヨン:うん、お母さん、誤解よ、ソラはヒョングクさんの子よ

コモ:ヒョングク、どうなってるの?言いなさい

ヒョングク:ソラ、俺の子じゃない。ファヨンが騙したんだ

ファヨン母:お母さんには言って。本当にソラはチョ社長の子じゃないの

       どうしてそんなことが出来るの?

       助けてよ、助けてよ、

手術室の前

ヨニとミョンウさんが来て

RH-を探してるんでしょ。一緒に来たわと

後ろから、サンドゥが来て

殺したと思った人が目の前にいるから、お化けでも見たか



サンドゥはミョンウさんと手術室へ

ヨニは、この復讐、あなたが始めたんだから、私が終わらせるわと


ヒョングクたちは家に戻り

ヒョングクは会社へ

コモは病院へ(マイケルの姪ですからね)


出てきたソラ

手術は成功したけど、、、、、、

ファヨンはソラが目を覚ますから行こうと言うけど

ファヨン母は、あなたはこないでと

でも、ファヨンは、全部誰のせいだと思ってるの?

全部、お母さんのせいよ

いっそのこと、連れて着た時に、正直に言っていれば

お母さんが全部 秘密にするから

ここにきて、あきらかになったんじゃない。。。。と

もう、あなたはお母さんの資格もないわ

お母さんじゃなく、私の娘でもないわ、行きなさい

行きなさい

私だってこうなるなんて思わなかったの

こんなことになるなんて、こんなことになるなら

あの家にはいかなかった

とファヨン


ソラのため?ソラのためにですって

そんなに、あの家がいいとこなの

そんなにあの人たちが偉いの

そんなにお金が好きなら

あなた一人で行けばいいでしょ

何も知らないソラは、お父さんだと思って

言った人が、本当はお父さんじゃなかったなんて

お姉さんと思ってた人がお母さんで

お母さんと思ってた人がおばあさん

それだけでも傷ついてるのに

今さら、お父さんまで違うなんて

ソラが何の悪いことをしたって言うの~




101話につづく



      





拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
marymama
HP:
性別:
女性
趣味:
韓国ドラマ観賞
自己紹介:
韓国ドラマ大好きです。
いろいろ見ているうち日常会話程度の韓国語を修得。
ですが、読むことも書くこともできません^^
わからない言葉は、同じ発音を翻訳機にかけて意味を拾ってます
が、同じ発音が出来ることはほぼ皆無ですけどね(笑)
あらすじ書く上で、発音とニュアンスから意味を拾うので
言語と相違ある部分がありますので、その辺は許して下さいね。
拍手ボタンやコメント頂けると、本人嬉しくなります^^
よろしくお願いします。

スポンサーリンク



フリーエリア

お知らせ

最近韓国ドラマ見るばかりであらすじ書いてませんでしたね。書きたいものはあるんですが、中途半端なのもどうにかしたいのよねぇ~

ブログランキング

ブログランキング参加中。 ポチット押してくださると励みになります。

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

P R

忍者カウンター

Copyright ©  -- 韓国ドラマ好きのママライフ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]